FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

番外編No7 「アウェアネス月間」

アメリカの11月は、アメリカ糖尿病月間、肺がんアウェアネス月間、全国アルツハイマー病アウェアネス月間、全国家族介護者月間、全国ホスピス・パリアティブケア月間、すい臓がんアウェアネス月間、早産アウェアネス月間、なのだそうだ。

アウェアネス月間というのは、~の病気や社会問題について、もっと知りましょう、理解しましょう、治療や改善、防止を推進していきましょう、という運動をより活発に展開する期間として、それぞれの運動団体が設定しているものだ。

高齢者虐待防止アウェアネスデイ、という1日だけの控え目なものもある。

日本でも11月は児童虐待防止推進月間であった。~月間というのがアメリカに多いのは、そうした運動を行うボランタリーな団体が多いせいだろう。そうした団体が寄付金や助成金を獲得するために積極的にPR活動を行う必要があるからかもしれない。

日本で、医療や福祉問題に関する~防止推進月間や~啓発月間、~を考える日、というのは比較的少ないように思う。ボランタリーな運動団体が相対的に未成熟からなのか、寄付金文化が育っていないからなのか。日本の運動は、市民や企業などに向かって理解を訴えるよりも、国や自治体に直接要求する形のものが多いせいなのか?
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/92-51a008ca