FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No75 ジョナサン・ターナー・正岡寛司訳 
『感情の社会学Ⅰ;感情の起源――自律と連帯の緊張関係――』 明石書店、 2007年


キーワード:感情、感情エネルギー、自尊心、恥、罪、社会的結合


ヒトの感情の起源はどこにあるのか?社会学者のターナーは、チンパンジーと類人猿を比べることで、人間の感情の発展が人間の社会的結合と深い関係にあることを推論している。ややシンプルという印象はあるものの、なかなか面白い。

チンパンジーは、互いを地域個体群の一部と認知し、一時的に集合して群がりながら移動する。強い連帯にもとづく共同体ではなく、他のものが共有空間にいることを認知しているだけである。

他方、類人猿は母子結合以外に、強く組み合わされた社会構造をつくるための強固な行動傾向をもっていなかった。相対的に弱いオスの支配、思春期に集団から移動していくメスの傾向(オスにもありうる)、すなわち、非常に広く、しかもすべてを含む行動域内における集団間移動という傾向、個体の自律性と個体主義という傾向をもっていた。

類人猿たちがそうであるように、他者や集団からあるていどの自律を保とうとする人間の欲求が、自己意識を発達させ、周りの環境との関係における能力を発達させた。

類人猿の猿からの分岐によって、そして、最後にヒト科のサバンナへの適応によって脳が発達し、大量の情報を貯蔵するとともに、抽出することができるようになった。また、その環境において、自己を対象とみなすことができ、さらに自分の行為と他者の行為を予測でき、視覚による合図とジェスチャーの正確な読解が可能となった。視覚的にすぐれたメッセージを送信するために顔や身体を露出し、広範囲にわたる複雑な感情を送信し、解釈するようになった。


視覚にもとづく言語と関連する感情的な合図の使用によって、社会的結合を維持する。ヒト科は感情を使用する能力を獲得した。

感情は、弱い結合と個体主義という類人猿の傾向を克服するために用いられたのである。社会的結合をふやし、社会構造を維持することを、可能にさせるような方法で、ヒト科の感情能力は強化されていく。

感情能力の強化過程についての推論(2章)、感情レパートリーの解説(3章)もまた興味深い。ターナーは、社会組織のパターンは、裁可(賞罰)なしには出現しないという。

期待に応えられない行動に罰を科す否定的裁可は、怒りの感情を含んでおり、恐怖心を喚起するだけでなく、対抗的な怒りを生む。怒り、恐れ、怒りという離反的な結末を乗り越えるために、恥や罪という複雑な感情が進化するのだが、それでも集団連帯はこうした否定的な感情だけに頼って構築・維持できない。社会的結合と連帯にとって特に重要なのは、肯定的裁可が生み出す自尊心の感情である。

ということは、子どもを社会成員として社会に統合化していくには(しつけていくには)、否定的裁可(しかる)によって行動を規制/禁止する規範の内面化よりも、望ましい行動パターンを奨励/促進させ、肯定的裁可(ほめる)によって自尊の感情を芽生えさせ、発展させることがより重要かもしれない。他者によって課せられた期待を適えることができたとき、それ以上のことを成し遂げたときに生まれる満足感、自信、自己を愛する気持ちといった自尊の感情を、幼いときにこそしっかりと身につけること、それが他者や社会との関係を築いていく土台になるのではないか。本書は、こうしたことも考えさせてくれる。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/79-34270d07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。