FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
N0.66 川崎二三彦 『児童虐待――現場からの提言』 岩波新書、2006年

キーワード:児童虐待、児童相談所、児童福祉司、児童養護施設

    
   児童虐待に関する本はいくつも刊行されているが、本書は、第一線で児童虐待に立ち向かい続けてきた川崎氏の手によるものである。あとがきに、児童福祉司として日々、過酷で緊張つづきの業務の合間を縫い、疲れた身体にむちを打って書いた、とある。

だからといって、日々の業務のつらさや苦しさを直接吐露したものではない。統計数字や事例、法制定過程における審議内容や法等を根拠として提示しつつ、児童相談所や児童虐待対策をめぐるさまざまな問題点や課題を、また、改善・解決に向けての提言を、経験に裏打ちされた視点から整理して簡潔に述べている。

それゆえ、大変説得力がある。そして、これだけ課題が明確になっているにもかかわらず、課題が1つずつクリアされていく、という実感を、最前線で働く児童福祉司さんたちがまるでもてないというのは、一体どういうことだろう、と思ってしまう。


東京都の事業である子ども家庭支援センターは、市町村の子育て支援課が設置し、自治体における児童虐待防止の事業を中心的に行っていくことになっている。センターが都の児童相談所と連携しながら、親子分離をしないで児童虐待の家族を地域で支援し、要保護児童対策地域協議会という名称の関係機関ネットワークの事務局を担っている。

川崎氏は、市町村には専門に対応できる人材が乏しい、とデータをもとに市町村の役割と能力「?」をつけているようだ。だが、市町村が保健師や経験のある社会福祉士を、児童虐待対応/子育て支援専任として配置することを極力求めていくこと、そこが事務局となって、地域の関係諸機関の力を引き出し、種々の対応、とりわけ、予防に力を発揮していくこと、人口数の多い市区では、こうしたことがやはり重要ではないだろうか。遠回りではあるが、児童相談所の機能の効果的、効率的発揮のために必要なことだと思う。
スポンサーサイト

私信を失礼いたします
日本ではお世話になりました
先日、実家に荷物が届きました。
また是非国分寺に行きたいです
是非ポーランドにいらっしゃってください

マルタより

2006.12.03 00:45 URL | マルタ #- [ 編集 ]

私もこの本読みました。高齢者関係の施設に勤めていますが“虐待”という点で感じたことがあるのでコメントします。

以前、とある市町村から「緊急やむを得ない措置」の依頼がありました。本人がいる医療機関に足を運びカンファレンスを実施しました。カンファレンスの参加者は本人・市町村職員・MSW・SW(私です)です。本人は最初は措置による施設入所を強く希望していましたが、一転して虐待者である家族との同居継続を希望され、結果として措置は見送られました。
私の立場ではその後どのような生活をおくることになったのかを把握することができません。しかし、感じたことがあります。それは本人への視点に囚われすぎていた。
虐待している家族の経済的な困窮状況、地域からの孤立、精神科的な評価と治療の必要性、そして何よりこれまでの本人と家族のライフヒストリーが見逃されていたように思います。共依存という表現で解決されてしまっていましたが、本人が家族を思う気持ち、そして家族が本人を思う気持ちに寄り添うことが必要でした。

虐待ケースは非常に難しいです。それぞれの生活の背景があり、“緊急的だから措置すれば済む”ではなく、措置の如何を問わず生活への視点とその支援のためのプロセスをどのようにしていくかが非常に大切だと思いました。
ボク自身の力不足も十分に踏まえた上で、措置の決定権を有する行政職員の専門性の確保は非常に重要であると思います。やはり社会福祉士などのソーシャルワーカーの配置は必須であると思います。言葉は悪いですが昨年まで土木課だった方が対応するには限界があるし、その方にも大変な精神的負担と責任を押し付ける結果になるような気がします。

長文・乱文で申し訳ありません。
振り返りと自戒を含めてコメントをさせていただきました。

2007.03.18 17:16 URL | ぼやっきー #- [ 編集 ]

言葉は強い力をもっていますね。「共依存」と名づけたら、状況の理解も支援の方法もわかった気になり、事が進んでしまう。本当にそうか、迷い、ゆれ、内省がなくなってしまう。

当事者・関係者のあいだの共通理解のためなどに、ラベルが必要ということはあるけれど、本当にそうか?という構えをみんなが失うとこわいです。

民間委託の地域包括支援センターに専門職が配置されても、虐待の場合の最終責任は行政ですよね。おっしゃるように、行政にも社会福祉士等の専門職を置いてほしい、外部から積極的に採用してほしいですね。

2007.03.24 08:45 URL | beagle #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/70-4a8aad27

児童虐待
岸和田中学生虐待事件(2004年)大阪府岸和田市で中学3年の長男に食事を与えず、餓死寸前まで追い込んだ。発見当初、長男は身長155センチに対して、体重が24キロであり、皮膚の一部が壊死、腐敗しはじめていた。また、次男にも同様に虐待をしていた。この事件で、父親と継母

2007.03.01 22:13 | 子育てです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。