FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No.65  越智元篤 『精神科看護師、謀反:極私的「革命」レポート』 文芸社 2006年 

キーワード:精神科、看護師、精神科看護、教育指導


このブログでコメントをくださった方の本である。精神科看護師として日々考えている看護論をブログでつづったものを本にした、と「まえがき」にある。

精神科看護の現場で起きていることをきっかけに、越智さんが考えた内容は、精神科病院や一般病院に限らず、官庁や企業、学校などに所属する人でも「そうそう」と思ってしまう、「管理職論」、「教育指導論」、「人事管理論」、「組織運営論」、「カンファランス論」などであり、カウンセリングやソーシャルワークにもあてはまる「傾聴論」などの「看護論」である。

たとえば、「職場で指導するときに、指導する相手に『なぜわかってくれないのか』と思ったことはないだろうか。そのとき、たいていの人が思うのは、相手の理解力を基準にして考えてしまうということである。(中略)(ある上司は、)『なぜ意見を言わないのだ』『なぜ指導事項が守れないのだ』と身近な部下に、積極性に欠ける部下のことを聞いたり愚痴ったりする。これは、メタ認知能力というものを意識していえるとは思えない行動である。己の指導方法と相手のレデイネスとの相互の関係を考えたことがないのだろう。」

ビジネス書にもこうした指摘は書いてあるのかもしれない。だが、実践現場の話しを踏まえて書かれていると、イメージがわき、考察に説得力がある。医療や看護、福祉、教育の実践現場では、耳の痛い人、逆に、拍手喝采する人、ともに少なからずいると思われる。

魅力的なのが、二段構えの情報戦略である。越智さんは、「情報提供については、まず頭のなかで考える。一度どうするか判断する。これが第一段階の思考。ここまでは、人間誰でもがたどる思考である。このときに出た判断結果を今度は逆に否定してみることがポイントである、と私は思う。これが第二段階の思考である。第二段階の思考を深めることで思考が柔軟になり、さらにいろいろな方法へと思考が広がるのである。」と書く。

看護現場で起きていること、体験したことが、この二段構えの考察によって、構造的に解明され、つぎの考察につながっていく。考察の内容はさることながら、この過程が面白い。

「まえがき」に、「現在28歳」、「精神科病院に勤めて10年」とある。「まえがき」に記載がなかったら、著者をもう少し年上の30代か40代の人、と思ったかもしれない。この後、どんな本を出していくのか。
越智さん、楽しみにしています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/69-4d21b90b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。