Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No63 天田城介 『 <老い衰えゆくこと>の社会学』 多賀出版 2003年

キーワード:老い、痴呆性老人、介護、家族介護者

高齢者虐待防止法が今年の4月から施行になったせいだろうか、最近、介護殺人や高齢者虐待の記事をよくみかける。周囲でも、要介護高齢者、特に、認知症のお年寄りのケアで苦労する人たちが増えてきた。

高齢者の家族介護は、家族成員間や親族間、近隣関係、ときには、職場関係などにも、いろいろな関係に影響を与える。それもよい影響は少なく、やっかいな影響が多い。それはなぜなのか?

大部な本書には、手が出しづらく、しばらく「つんどく」状態であった。このたび、家族介護者のインタビュー結果を分析して書かれた「第4章 在宅で追い衰えゆく身体を生きる家族を介護するということーー「痴呆性老人」と家族介護者の相互作用――」と、「5章 老い衰え行く高齢者夫婦の親密性の変容」を読んで、理解の助けになるところが少なくなかった。

本書は、「家族介護の脱自明化の時代における痴呆性老人の介護をめぐる家族介護者の意味づけ、解釈の変容過程をあきらかにしながら、相互作用のダイナミズムと家族介護者のアイデンティティ管理を、家族とジェンダーの視点から詳細に記述」した本である。

1960年代、70年代は、「日本型福祉社会論」によって、「『家』的家族観」にもとづく「嫁」の介護が当然という言説が振りまかれた。だが、その後、「愛情規範」にもとづく「娘」による介護が当然という言説が生まれ、90年代に入ると、個人主義イデオロギーが老夫婦間のケア、老老介護もやむなしとし、平等主義イデオロギーが息子による介護の現実も当然視するようになっていく。

こうした脱自明化の時代だからこそ、人々は、さまざまな言説の影響のもとで、介護のコンテキストを解釈し、自分の行為に納得できる意味づけをあたえようと努力する。その過程は、認知症高齢者や、他の家族成員、親族などによる解釈と行為とのぶつかりあいの過程である。そして、何が家族か、妻とは何か、娘とは何か、、、、を作り上げていく過程でもある。

家族介護者に直接接触するケアマネジャーさんやソーシャルワーカーさんにとって、本書の家族介護者へのインタビュー結果とその分析結果は自明のことだろうか?援助者が時間に追われてしまうと、家族介護のダイナミズムを深く理解したうえでの支援はなかなかむずかしい。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/67-13957d57


ソーシャルワーカーソーシャルワーカーとは、社会福祉事業に従事する人のこと。概要社会福祉学を基に社会福祉援助技術を用いて社会的に支援を必要とする人とその環境に働きかける専門職。従来、主として社会福祉事業に携わる人の総称として使用されてきたが「社会福祉士及び

2007.07.28 16:57 | 高齢者・福祉ETC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。