FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

No60 リーサ・カプラン、ジュデイス・ジェラルド、小松源助監訳
『ソーシャルワーク実践における家族エンパワーメント』 中央法規 2001年

キーワード:児童虐待、家族保全、家族維持、家族支援、エンパワメント

本書は、アメリカにおける家族保全プログラムの視点、目的、支援方法・技術、スタッフ訓練とマネジメントなどについて説明したものである。

家族保全(Family Preservation)というのは、ホームビルダーズなど、1970年代から民間活動として始まった児童虐待防止のプログラムである。家庭での養育が困難だからといって、子どもを里親措置するのではない。安全が脅かされない限り、子どもにとっての最善の場は、家族とともに生活することである、という信念のもと、子どもと家族を支援していく、というものである。

具体的には、子どもの措置が必要となるような差し迫った危険のある家庭に、ソーシャルワーカーが短期間に集中的な家庭訪問を行う。そして、諸サービスや資源の結合を通して家族との信頼関係を形成し、パートナーシップにもとづいた家族状況の変化の目標をたてて支援していく、といったものである。ワーカーは対象家庭をしぼり、スーパービジョンを受けながら、短期間に促進者、弁護者、協同者などの役割を果たす。

アメリカでは、1993年の包括的予算調整法によって、家族支援と家族保全、さらに、家族再統合のプログラムを発展させる予算が投入されることになった。それにより、種々の家族保全のプログラムやプログラムを提供する組織ができた。しかし、本書が刊行された1994年の段階では、家族保全と、より予防的な性格をもった家族支援プログラム(家族生活教育、レクリエーション、サマーキャンプ、家庭訪問、親教育、緊急相談、保育、雇用斡旋など)との統合はまだ図られていない、とのことである。

日本も児童虐待の通報件数が急増し、悲惨な事件も後をたたない状況にある。児童相談所だけでなく、市町村も児童虐待問題に対処することが法律改正で決められ、できるだけ地域で子どもと家族を支援していくことになった。しかし、家族支援や家族保全プログラムが示すような具体的な家族のためのサービスは、とても十分にあるとは思えない。

家族支援や家族保全プログラムが示すような子ども家庭在宅サービスを増やしていくこと、あるいは、既存のサービス資源を包括的プログラムとして統合していくこと、こうしたことがあまり議論されていないのは、どうしてだろうか?知らないだけか?

井上真理子『ファミリー・バイオレンスーー子ども虐待発生のメカニズムーー』(2005)では、アメリカの家族保全(家族維持)プログラムは失敗であったから、1997年の養子安全家族法が制定され、家族維持から子どもの安全と養子縁組の強調へと方針が転換した、と述べている。

この点は、本当にそうなのか、もう少し知りたいところだ。
しかしそれにしても、本書が示す、家族保全プログラムのスタッフの支援方法、スキルは、児童相談所、児童家庭支援センター、子ども家庭支援センター、子育て支援センター、保育所、子育て支援課、保健センター、保健所など、子ども家庭に関わるすべての機関のスタッフにも役立つのではないか。

スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/64-0719153e