FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No52 向谷地生良 『「べてるの家」から吹く風』 いのちのことば社 2006年

キーワード:べてるの家、精神障害者、当事者研究、仲間の力、ソーシャルワーカー

べてるの家については、本もVTRもたくさんある。それでも新しく出た本書を買って読んでみたいと思わせてしまう魅力が、べてると向谷地さんにはある。

ソーシャルワーカーであり、キリスト者である向谷地さんは、ティリッヒの説;ソーシャルワーカーの実践、すなわち、人を愛するという営みは、困難に陥っている人を「引き上げる業」としてあるのではなく、そのなかに「降りていく業」として現さなければならない、を紹介している。

人間はひたすら「死ぬ」という連鎖のなかで生かされている、「にもかかわらず」生きようとすることが「存在への勇気」であるというメッセージが、ソーシャルワーカーとしての実践の礎となってきた、と向谷地さんは言う。

また、次のようにも言っている。人を「愛する」とか「信じる」ということは、もっとも愛しにくく、もっとも信じにくい状況、すなわち絶望からもたらされる。「にもかかわらず」愛し、信じることが問われている。「愛しやすいこと」を愛し、「信じやすいこと」を信じることから回復ははじまらない。

その向谷地さんにとって、ソーシャルワーカーら援助専門職は、この意味で「『人を愛する』ということを職業的に志す人たち」である。

こうした向谷地さんの人間像やソーシャルワーク論は、べてるの家やその仲間の話のなかでとても自然に聞こえる。

かつて、ラップたちは、精神障がいをもつ人々のもつストレングス(強み、良さ、長所など)に焦点を当て、そのストレングスを活かすよう支援していくというストレングスアプローチのケースマネジメントを主張した。

発展型の近代的人間像、裏切りや翻弄のなかの不信・苦渋・絶望を想定すらしない「能天気な」調整型のソーシャルワーク論が、少し貧相に見えてくる。
スポンサーサイト

「発展型の近代的人間像、裏切りや翻弄のなかの不信・苦渋・絶望を想定すらしない『能天気な』調整型のソーシャルワーク論」・・・って、あり得るのでしょうか。

2006.06.23 14:30 URL | トム #- [ 編集 ]

現実のソーシャルワークには、苦渋も不信も絶望もあります。ですが、システム論にもとづいてシステム同士の調整を図ることが問題解決であるとするジェネラリスト・アプローチのソーシャルワーク論や、サービス調整と管理の技法であるケアマネジメント論は、く利用者の苦悩や不信、ソーシャルワーカーの絶望といった内面問題を( )に入れてしまったのではないでしょうか。

2006.06.27 07:08 URL | #- [ 編集 ]

ソーシャルワーカーを志望する学生として考えておりました。アドバイスをいただき、ありがとうございます。
いろんなアプローチがあり、それをどう生かしてSWを展開するか。また、「人」を援助する職業として考えたとき、当然ワーカーや利用者の「揺らぎ」や「苦悩」を棚上げして専門職論は語れないと日頃から考えています。方法論として大なり小なりのシステム間の調整やマネジメントは非常な重要な視点ではありますけれども、人(個)と人(個)との間で働く中にあっては、どちらかに偏った視点のみでソーシャルワークを展開できないと思います。また、それはミクロ--マクロを問わず必要な視点であろうと思います。
恥ずかしながら、まだ『「べてるの家」から吹く風』を読んでいません。是非読んでみたいと思います。
これからもおすすめの本を紹介いただければと思います。

2006.06.28 23:39 URL | トム #- [ 編集 ]

トムさん、コメントありがとうございます。コメントは励みになります。しばらくアップできない状況ですが、そのうちまた紹介したいと思っています。

2006.07.05 22:37 URL | #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/56-0f1a1962

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。