FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No51 B.H.スタム、小西聖子他訳『二次的外傷性ストレスーー臨床家・ 研究者・教育者のためのセルフケアの問題』誠信書房、2003年


キーワード:二次的外傷性ストレス(STSD)、共感疲労、代理トラウマ、バーンアウト、逆転移、セルフケア


二次的外傷性ストレス、共感疲労、代理トラウマなど、いずれもトラウマを負った人々の回復を援助する過程で、セラピストやワーカーらの援助者が、相手の外傷性の体験にさらされた結果として経験する苦痛を表わす用語である。バーンアウトとも関連する用語である。

訳者の小西さんによると、PTSD概念を拡張的に捉え、それに対応した1つの精神障害として代理トラウマや二次的外傷性ストレスを捉えるという視点は近年弱まり、ケア提供者がケアを行うことによって生じる不可避のストレス反応を心理反応として扱っていくという視点になってきているそうである。

いずれにしても、これを放置しておけば、トラウマを負った人が援助者のケアに回るという「二重関係」になり、倫理違反であること、また、さまざま形でトラウマを負ったクライエントに悪影響を及ぼす(その意味でも倫理違反)ので、これを予防したり、緩和措置をとる必要があることを、いろいろな人が本書で論じている。

トラウマセラピーに携わる臨床心理士や精神科医には、すでに馴染み深い事象であり、対策は取られているのだろうが、福祉領域ではまださほど認知されていないのではないか。児童虐待や高齢者虐待などへの対応において、ソーシャルワーカーやケアマネジャーらがトラウマサバイバーと出会うことはまれではない。福祉領域の援助職がかれらの回復過程を直接援助することはあまりないと思われるが、STSD、共感疲労、あるいは、ケア提供による不可避のストレス反応が自然な現象として生じることを認識しておいてよいだろう。

本書最後の論文では、STSDへの対策を行うにあたって、それを導入することが政策的、運営管理的にどのように得策であるか、ということをいくつかの点について検討している。新しいプログラムの導入や、その効果評価を実施する際の、プログラム評価方法として参考になる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/55-061147a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。