FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

No49 福山和女 編著 『ソーシャルワークのスーパービジョン-------人の理解の探求--------』
ミネルヴァ書房、2005年

キーワード:ソーシャルワーク、スーパービジョン、コンサルテーション、心理社会的アプローチ、家族療法アプローチ


日本には、アメリカのように、夫婦関係、親子関係、家族関係に関するカウンセリングを行う家族福祉機関や、ソーシャルワーカーが関与するメンタルヘルスの相談機関が、これまで少なかった。それゆえ、心理社会的アプローチや家族療法アプローチにもとづく援助実践に対するスーパービジョンに関する文献は乏しかった。

日本の多くのソーシャルワーカーに求められてきたのは、生活における基礎的なニーズを充足させるサービス資源の調整、つまり、ケアマネジメントを中心としたソーシャルワーク実践であった。もちろん、サービス資源の調整だけではすまない事例、面接継続が必要と思われる事例も多くあるが、それを望まない事例、それを実施できない組織構造というものがあった。

しかし、子育てや子どもの「不登校」、「引きこもり」、非行、家庭内暴力などで悩む親たち、いっときでも早く相談し、援助を受けたいと思う親たちは大勢いる。高齢者福祉の分野でも、家族関係を理解し調整をしなければ、高齢者と介護者の生活を護れない、という場面が少なからずある。こうした親たちや家族に出会い、対応に努力しているソーシャルワーカーたちにとって、本書は大変勉強になるのではないか。スーパービジョンを通して、クライエント/利用者の理解、クライエント/利用者とワーカーの関係性の意味や関係性の展開技法、面接過程の進め方など、多くのことを学ぶことができる。

社会福祉士の養成教育は、サービス資源の結合というケアマネジメントを中心とした教育にならざるを得ないが、ソーシャルワーク実践の現場では、それではすまない事例が少なくない。本書のような質の高いスーパービジョンを実際に受ける機会をふやす努力が必要だ。


スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/53-8a62a5bc