FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No48 J.D.ケーグル・久保紘章他 監訳『ソーシャルワーク記録』相川書房 2006年

キーワード:ソーシャルワーク、記録、プライバシー、個人情報、アクセス権


 近年、看護や保健師の「記録」に関する文献の刊行が目立つように感じる。昨年4月の個人情報保護法の施行が関係しているのかもしれない。このたび、ソーシャルワークの「記録」に関するケーグルの本が翻訳された。もっとも、本書はもっと早く刊行される予定だった由。

 本書は、ケーグルの再版本(1991年、初版は1984年)の翻訳書であるが、古さを感じさせない。日本では、ソーシャルワークの記録に関する議論があまりなされてこなかったこと、今日、ようやくそうした議論を必要とする実践の現場が広がってきたこと、などがその理由だろう。

 ケーグルによれば、現代のソーシャルワーカーは記録をつける際、アカウンタビィリティ(説明責任)と効率、プライバシー保護、の3つの価値のバランスをとらなければならない。では、ソーシャルワーカーは何を、どのように、どの程度、書いていけばよいのか、組織はどのように管理すればよいのか。ケーグルは、役立つガイドラインの提示を試みている。

 長い間、「記録」が専門職のためにあったものを、第一義的にクライエントのためのものに代え、記述の方法や内容を変えていく。本書は、この観点で一貫している。特に、クライエントのプライバシー保護のために、「記録」はどうあるべきか、また、クライエントの個人情報へのアクセス権に対してどう応えるか、しつこいくらいに記述している。

日本でも、効率的に質のいい記録をいかに書いていくか、関心が高まっている。役所や民間事業所、開業医などが保有する個人情報を開示して欲しいという要求も出てきている。ソーシャルワークの「記録」は、クライエントや利用者に関する情報だけを記述したものではないが、大方はそうである。「記録」は、クライエント、利用者への開示を前提とし、「記録」はクライエント、利用者のもの、といった感覚で記述することが必要なのだろう。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/52-0b3ce22b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。