FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No44 金子郁容 『新版 コミュニティ・ソリューション ――ボランタリーな問題解決に向けてーー』 岩波出版、2004年

キーワード:コミュニティ、コモンズ、コミュニティ・ソリューション、ソーシャルキャピタル

金子氏によれば、インターネット社会における2つの対照的な行動/問題解決軸は、
G軸:契約、リスクヘッジ、自己責任にもとづいたグルーバルな行動と問題解決
C軸:コミュニティ・ソリューション
の2つである。

このうちのコミュニティ・ソリューションとは、既存の組織や機構で対応できないているさまざまな問題を、メンバー間の情報共有とアクテイブなインタラクションによって、情報と関係性の共有地(コモンズ)をつくり、お互いの活動を相互編集することで解決しようとする方法のことである。

そのコモンズでは、
・ 人々が自発的に集まり、情報、技術、問題などをもちよる
・ 共有された情報が編集され、そのことでコミュニティの何かが変化し、新しい関係や意味が出現する
・ 情報や変化が経験され、蓄積、共有資源となる
・ 具体的成果があがり、各自が果実をもちかえる
ということが生じる。

こうしたコモンズの例としては、阪神淡路大震災の市民の会、禁煙マラソン、ケアセンター成瀬、事業型NPO、ファミリーサポートセンター、認証協議会等が紹介されている。

福祉の分野でもお馴染みのケアセンター成瀬やファミリーサポートセンターは、コミュニティのソーシャルキャピタル(コミュニティの関係性の資源 / コミュニティに蓄積された関係のメモリー)によってソリューションがうまくいった例と、その可能性を秘めた例として詳しい解説がある。

ファミサポは行政が仕掛けた住民参加型サービスである。だが、そこへの参加は住民の自発的な参加によるものである。「利用者と提供者を切り離さない」で、さまざまな会員交流活動を行うなどを通して、そこがコモンズとなれば、その活動の積み重ねによってソーシャルキャピタル(地域の保育力、子育て支援力)が蓄積されていく可能性がある、ということなのだろう。

自発的なコミュニティ資源によるソリューションは、今後、いっそう活発になるだろう。だが、福祉領域では、ファミサポのように自治体の仕掛けが必要な場合も少なくないと思われる。官民協働のコミュニティ・ソリューションである。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/47-5daa8d5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。