FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

佐伯啓思 『倫理としてのナショナリズム』NTT出版 2004年

キーワード:倫理、グローバルな市場経済、リベラリズム、自由、平等

     あとがきのなかに、「現代日本で起きている人騒がせな『構造改革』と、社会的な倫理観・道徳観の崩壊は、けっして無関係だとは思われない」とある。「ホリエモン事件」の1年以上も前に、著者はこうした事件の起きることを予告していたようにみえる。

著者によれば、ポスト工業化は、市場のグローバル化によって新たな社会に移行する。その特性は3つある。
1.長期安定から短期フレクシビリテイへ:過激なコスト競争はより早く、より安くを求め、個人の自由行使の前提条件であった雇用の確保を困難に。人的資本の価値が短期的市場の動向にさらされ、長期的な関係の継続において意味をもってきた平等性、対等性、公平性といった倫理的なるものが消滅。

2.不確実性からリスクへ:グローバルにつながったシステムにおいて生じる、システムのご操作によるリスク。システム関与者は同等にリスクを負うのであり、階層や人種などによって構造化されていない。リスク回避は、専門家や行政による説明責任、情報公開のうえでの個人の責任(かくして、平等の問題は倫理的課題として提示できず。労働者階級へ補償し、貧困層の生活保護を行う福祉主義は、もはや重要な意味をもたない)。

3.あらたな層化の進行:所得分配の階層化ではなく、市場への接近の可能性とそこから生じる活動の意味構造の相違による大衆的重層化。層は、所得や学歴によって構造化されておらず、個人の選択にもとづく文化的様式の相違であり、「階層的嫉妬」が生じがたく、平等性への強烈な訴えが生じてこない。代わりに、つかみどころのない不安、システムそのものにたいする不信感(倫理的要請は、せいぜい、生命や生活をおびやかすリスクにたいするシステムによる管理と自己責任)。

つまり、市場経済のグルーバル化のなかで、自由や平等を倫理的要請として提示する共通の了解が見失われてしまった。

 ではどうするか。ポスト工業社会の倫理的課題は、たんに生活維持ではなく、効用を高めるのでもなく、何が善き生活か、何が価値ある生かを問い直すことである。

 他者や共同社会とのつながり、信頼、つながりや共同活動への参加を通した承認や是認。こうしたものが善き生と関連づけられる。

 これまでソーシャルワークは、まずは、自由(自己決定や自立)や平等(公平、公正としての社会正義)を目指して支援することを前提としてきた。だが、今後は、信頼やつながり(インクルージョン、ソーシャルサポート)までをも目指した支援、あるいは、それに焦点を当てた支援を、いっそう考える必要があるかもしれない。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/44-882c3687