FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No36 上野千鶴子 『老いる準備――介護すること されることーー』 学陽書房 2005年

キーワード:老い、介護、ケアの脱私事化、ワーカーズコレクテイブ


いつものごとく、軽いエッセイのなかに、「なるほど」「そうそう」と思わせる一文多し。
たとえば、
フルタイムのワーキングウーマンの三世代同居率は、主婦のそれより高い。日本型家族制度が女性の社会進出を支えるという皮肉な背景。これを再生産の「アジア型解」と呼ぶ。

妻の背後に親がいる、結婚が娘にとっての親との分離を意味しないため、夫に強くでられる。これを実家の「ひもつき男女平等」と呼んでいる。離婚も容易になった。

非婚シングルで40,50代の男性と親の世帯がふえている。離婚してシングルアゲインになった男性も。親の介護負担を抱え、そういう世帯が介護虐待の温床になることを、保健師さんたちが報告している。これは近い将来非常に深刻な問題になるであろうと思われる(すでに、かなり顕在化しております)。

介護保険は、なぜ、女の不払い労働が食える労働に変わるか、という歴史的な実験。NPOは、企業法人をモデルとした組織形態、組織原理は企業法人に限りなくちかい。だから、ノウハウを使える男が元気になった。

しかし、市民事業体には、ワーカーズのような組合法人がふさわしい。所有と経営が分離しておらず、労働の自己管理ができる。コミュニケーションコストは高いが、労働の質を決定することができる。

市民事業の原点は、私が助かりたい、という動機から。互助、共助 人助けも自分のため。誰かに必要とされていること、自己満足でよい。


自己満足や個人的動機からの活動が、地域や社会の問題への関心に広がり、多くの人からは見逃されそうな、また、無視されてしまいそうな問題への対応にまでつながっていくには、何が必要だろう?


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/37-cfa29cc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。