FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No31 新田孝彦 「総論 科学技術倫理とは何か」(新田孝彦・蔵田伸雄・石原孝二 編『科学技術倫理を学ぶ人のために』 世界思想社 2005年

キーワード:技術、科学技術、倫理、

社会福祉援助技術、これは、ソーシャルワークを日本語訳にしたものだ。この訳は適切ではないとか、社会福祉援助技術とソーシャルワークとは同じではないとか、いまだにいろいろ議論はある。それは置くとして、社会的技術に関する本や企業倫理に関する本がさかんに刊行されている。専門的技術は倫理を伴わなければならない。これはどのような領域についても言える。

新田先生は、物をつくる動物であるとともに、共同体をなす動物でもある人間にとって、「技術」と「倫理」のどちらが欠けても、人間は人間たりえない、とギリシャ神話(プロメテウス神話)にもとづいて断言する。

技術を用いてなにかを製作する、なにかを成し遂げるのは、ある目的、すなわち、人間の善にかかわる目的のためであって、技術と産物はけっしてそれ自体が目的なのではない。人間の善にかかわる理性的な知である「賢慮」と技術が目指す究極の目的は「よい行為」なのであって、「目的が正しく立てられること」と「その目的にいたる手段を発見すること」が、「よい行為」を成立させるための条件である。

この意味で、技術は目的のよさにかかわる「賢慮」に従属する。しかし他方で、達成できる目的の種類や内容は、技術的な制約のもとにある。さらに、目的は手段を正当化できず、手段は目的のよさとは別に、それ自体の倫理性を問われなければならない。

新田先生は、こう述べたうえで、第二のプロメテウス時代である現代の科学技術のもつ、「危険性」と「魔性」に対する「安全の確保」と、使用するか否か、どのように使用するかを選択するという「自律的選択の確保」という倫理的課題に、技術者がどう対応すべきかを述べている。

そして、何が「よい行為」なのかを決める価値をめぐって、「最大多数の最大幸福」と「人間の尊厳」の対立があるが、上記2つの倫理課題を前提とすれば、個々の人間の尊厳を承認するという根源的倫理が重要と主張している。

では、「人間の尊厳」とはなにか、「人間らしく生きる」とはどのようなことなのか。「人間そのものが目的という技術的、倫理的原点に繰り返し立ち返るなかで、技術者は、技術の価値を捉え直さなければならない。これが新田先生のメッセージだ。

社会福祉援助技術やソーシャルワーク論において、技術(方法)と目的・価値・倫理との関係性が、また、技術そのものの価値がさほど論じられないのは、技術が技術として体系化されていないからか。ケアマネジメントという技術などは、目的・価値・倫理との関係性をもっと問うことがあってよいはずだ。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/30-f4a6439e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。