FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No18 佐藤幹夫 『自閉症裁判――レッサーパンダ帽男の「罪と罰」――』 洋泉社 2005年

キーワード:自閉症、発達障害

      2001年、浅草で若い女性が、レッサーパンダ帽をかぶった若い男に刺されて殺された。犯人の男はすぐに捕まり、裁判が始まる。男は、自閉症という発達障害をもっていた。
     本書は、障害があるゆえに、罪が軽減されるべきだという主張をしているものではない。裁判の過程で、弁護団や支援者による多大な努力にもかかわらず、この発達障害が検察や裁判官にまったく理解されなかったことについて、それでよいのかと問うている。
     何の罪もなく理不尽にも殺された女性、将来が楽しみな娘を一瞬にして殺された家族、男やその父親のために重篤な病気をもちながら働き、やはり若くして病死した男の妹。男の罪は決して消えはしない。だが、裁かれ方はこれでいいのか。事実関係をうまく語れず、人との関係をつくることがむずかしい障害をもつ男。障害を理解しないまま、かれらを刑に服させてしまうという現状が続くなら、こうした痛ましすぎる事件をもう一度作り出すことになりはしないか。
     これが佐藤氏の主張である。彼は、福祉と教育についても強く批判する。自閉症をもつ男とその家族が、ここに至るまで福祉と教育のいずれからも適切な支援を受け続けることができなかったこと、ここに至ってからも手を差し伸べられることがなかったこと、についてである。それは制度よりも実践者に向けられている。
     2004年の12月に、発達障害者支援法が公布された。発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群、その他広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、これに類する脳機能の障害があってその症状が通常低年齢において発言するもの、と定められている。この法律で定められた発達障害者支援センターは、どのように支援していくことになるのだろうか。
     長年、障害児の療育事業に携わってきたベテラン・ソーシャルワーカーさんの話によると、近年、療育センターで出会うのはほとんどが自閉症とその周辺領域の人たちだそうで、非常に増えているのだそうだ。
     発達障害に対する正しい理解の浸透は、おそらく容易なことではない。しかし、福祉と教育にかかわる者はもっと関心をもち、理解しなければならない。
     それにしても、被害者と加害者の双方の過酷な現実に向き合い、神経をすり減らしつつ原稿に向かった著者に脱帽する。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/18-4e14a7fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。