FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No13 市川和彦『支援者が有するパターナリズムの活用と支援者に期待される変容過程:A.M.サリバンによるH.ケラーへのかかわりから』キリスト教社会福祉研究 第34号、2002年

キーワード:パターナリズム、支援者、自己愛性、変容過程、虐待

   
施設における虐待に関する本を書いている市川和彦さんの論文。論文によると、ご存知、ヘレン・ケラーを教育指導したサリバンは、利他主義にもとづくパターナリズムと自己愛性のパーソナリティをもっていて、当初、ケラーに対して拘束や暴力的対応までして、彼女のしつけにのめり込んだ。
しかし、やがて、ヘレンの知性の発見と着実な効果を知ることで、サリバンは指文字を使いながら教育をするようになり、ヘレンの心を刺激して興味を起こさせるために全力を尽くし、待つ、という援助方法に変わっていく。そして、ふたりの間に信頼関係が形成されていった。

市川さんは、誰でも自己愛性をもっているが、それがその人の日々の成長につながる健康なものであればよいと言う。パターナリズムの行為が病んだ自己愛性の隠れ蓑である場合、対象の利益をもたらさず、虐待をもたらすおそれもあるのだ。
健康な自己愛性とパターナリズムによって、教育者であったサリバンもまた成長していった。福祉の現場にいる支援者も、パターナリズムを行使するにたる専門性を有しているかどうか、自分の自己愛性はどのようなものか、問い返しが必要だと言っている。

福祉や看護の従事者には、自己愛性のパーソナリティや「共依存」の傾向をもつ人が多い、と言われることがある。そうした調査結果があるわけではないが、「弱者」を対象とする世界だから、そうした人が多く従事していてもなんら不思議はない。そのことが問題なのではなくて、問い返しができる環境が用意されているかどうかが問題なのだと思う。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/13-32c4cf5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。