FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No102  西條剛央 
『SCQRM ベーシック編 研究の着想からデータ収集、分析、モデル構築まで:ライブ講義 質的研究とは何か』
『SCQRM アドバンス編 研究発表から論文執筆、評価、新次元の研究法まで:ライブ講義 質的研究とは何か』
新曜社 2008年

キーワード:構造構成主義、質的研究法、関心相関的観点、科学性


本書は、『構造構成主義とは何か――次世代人間科学の原理――』(北大路書房2005年)を著した西條剛央さんが、構造構成主義にもとづいて、質的研究の科学性を担保する方法を、きわめてわかりやすく解説してくれている良書である。

SCQRMとは、Structure- Constructive Qualitative Research Methodのことで、構造構成的質的研究法を指す。

科学性の条件は、「(事象を)概念化したうえで構造化すること」と「構造化に至る過程を明示すること」の2つ。つまり、一回起性の現象についても、それをうまく理解、説明でき、予測や制御につなげられるような構造を構成することができていること、また、その構造化に至る過程を他者が吟味できるように、すなわち、研究における知見が他にも当てはまるかどうか検討できるような提示のされ方になっていること、この2点が担保されれば、質的研究は事例研究であっても科学性を保持していると言える。

では、質的研究において現象の構造をどのように抽出すればよいのか。西條さんはベーシック版では、M―GTAを使って説明している。

構造化に至る軌跡については、研究目的に照らし合わせつつ「選択し想定できるポイント」「構造化に影響したと考えられるポイント」ごとに諸条件を示せばいいとしている。

事例分析における構造化に至る軌跡の提示の仕方は、西條さんが「人間総合科学会詩」に載せている「就職活動における自己アイデンティティの変化過程:構造構成主義に基づく事例研究モデル」が参考になる。

本書は、大学院修士課程における演習をそのまま文章化したという形になっている。図表による説明もあり、調査研究についてのイロハから、論文の書き方、評価の仕方まで、構造構成主義にもとづいた方法を懇切ていねいに教えてくれている。

修士論文で質的研究をやろうとしている人にも、福祉の実践現場で自分の仕事をどうやってまとめていこうかと考えている人にも、すこぶる役に立つに違いない。

「構造構成主義」については、『構造構成主義とは何か――次世代人間科学の原理――』を読んでください。EBPかそれとも内省的実践か、ソーシャルワークにおける今話題のテーマについて、この本を読めば、この信念対立を解消することができる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/117-6e39f7e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。