FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No97 三好春樹 『最強の老人介護』 講談社 2008年

キーワード:老人介護、ケア

介護のカリスマである三好さんの本は、どれも面白い。今回いいな、と思ったのは、「行きっ放しの思想」と「帰り道の思想」という言葉。

三好さんは、介護の時代は、わたしたちに思想の変換を迫っている、と言う。発達と進歩を良しとする思想は、老いを内包していない。発達し、進歩するだけでその豊かさを人生の豊かさにつなぐ回路がない。今必要なのは、「帰り道の思想」。

上野千鶴子さんのいう「生き延びるための思想」とも違う「帰り道の思想」。
本書は、認知症の老人が「帰り道」を探すことができるように支援する技(わざ)がいっぱい。では、「帰り道の思想」は仏教に求めようか。

本書のなかでちょっとひっかかる言葉は、「母性的介護」や「母性」。三好さんは、フェミニストから批判されてもなお、多くの本でこれらの言葉を使っている。本書でも、「母性」を「弱い立場の人、困っている人を目の前にするとなんとかしてあげたいと思う、人間が本来持っている性質のこと」と定義するなら、「介護の基本は豊かな母性だと言っていい」と述べている。

この定義、なぜ、「人間性」と言わないのか不思議だ。
「専門的知識や技術はその母性を実現するための手段」を
「「専門的知識や技術はその人間性を実現するための手段」に

「手段はいつも母性によってチェックされなければならない(中略)。もちろん、母性という主観的で自己満足になりがちなものを、冷静で客観的な専門性がチェックすることも必要である。」を
「手段はいつも人間性によってチェックされなければならない(中略)。もちろん、人間性という主観的で自己満足になりがちなものを、冷静で客観的な専門性がチェックすることも必要である。」に

変えると何がまずいのだろう?

変えてくれると、ソーシャルワークは「アートと技術」ではなく、「人間性と専門性」と言いやすくなる。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/111-c9a0b41b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。