Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No92 上野谷加代子・杉崎千洋・松端克文編著
『松江市の地域福祉計画――住民の主体形成とコミュニティソーシャルワークの展開――』
ミネルヴァ書房、2006年

キーワード:コミュニティ、地域福祉、コミュニティソーシャルワーク、住民

2000年の社会福祉法の改正で、いよいよ、社会福祉=地域福祉の時代になった。地域福祉は社会福祉協議会の住民を巻き込んだ実践、という理解では不十分になったのだ。しかし、多くの自治体で見られる行政主導の地域福祉計画作成、というのも、地域福祉とは言えないのではないか。

全国のどこにあるのか、その認知度がもっとも低い県として、宮崎県とどっこいどっこいの勝負をしている島根県の県庁所在地が、タイトルにある松江市である。私が生まれて10年住んだふるさとだ。

この松江市では、行政と並んで社会福祉協議会が中心となり、きめこまかな住民参加のもとで地域福祉計画をつくりあげている。本書は、主にその過程を紹介している。

松江市の社会福祉協議会が力をもっていたことについては、いろいろな理由があるように思える。だが、地域福祉への取り組みに長い歴史をもっていたことが大きな要因の一つだろう。松江市では、戦後早いうちからすべての小学校区に公民館が設置されていた。この公民館は、昭和39-46年に財政再建準用団体になったことを契機に、行政による運営から自主運営の方式に転換されることになった。

これらの公民館は、社会教育や生涯学習の業務に取り組む一方で、昭和30年代から各地区に設置された地区社会福祉協議会の事務局も兼ねていた。しかし、昭和60年ごろ(1980年代半ば)まで、地域で福祉活動をする意義が見えてこなかったためだろう(まだまだ在宅サービスは乏しかった)、自主運営方式になっていても、社会教育の場である公民館と福祉活動との接点はなかなか見いだせない状況が続いた、とのことである。

本書によれば、1985年以降、補助事業として長寿社会対策地域推進事業が実施され、これにより、市内の21地区すべてに福祉協力員が置かれるようになった。この福祉協力員を中心に、要援護者の見守り活動やミニデイサービス、なごやか寄り合い事業などが活発におこなわれるようになった。これで、地区社協の基盤整備が進んだ。

その結果、公民館に、地域保健福祉推進職員が配置されることになり、公民館長が地区社協の役員を兼務するという、社会教育と福祉の連携が進む。公民館と地区社協による住民主体の地域福祉活動が展開していったのだ。

もちろん、すべての小学校区において、こうした活動が活発に動いているかどうかは記載がないのでわからない。活発な地区とそうでない地区があるのは当然だろう。そうした違いがなぜ生じるのか、興味深い。

私の親族が住む雑賀地区は、活発なほうだと思う。一人暮らしの軽度認知症の親族を福祉協力員さんがときおり訪れて、会食を含むミニデイサービスに誘ってくれている。また、数人の福祉協力員さんや民生委員さんたちが、一人暮らしの高齢者を集め、会食やときにはミニ観光に連れて行ってくれている。また、ボランティアさんたちがそうした高齢者を対象に、公民館での歌唱教室などを開いていて、誘ってくれている。

民生委員の担当エリアは案外広いから、地域に十分な目配りができない。その民生委員一人に数人の福祉協力員が協力して、お互いに連絡し合い、高齢者、特に一人暮らしの高齢者に気を配っている。ちょっと気になることがあったときには、遠方にいる身内に連絡を入れてくれることもある。こうした福祉協力員は、15万人の旧市街に1000人いる、と本書に記載がある。

もうひとり、お城近くに住む親族には、これまで福祉協力員さんが訪れることはなかった。会食のお誘いもなかった。だが、最近、地域包括支援センター職員と民生委員さんが同行訪問し、介護保険の申請やデイサービスの利用を促してくれている。

雑賀地区のほうが、お城付近の地区よりもやや高齢化率が高いはず。だから余計に熱が入るのか。それとも、地区社協の人材の違いからか。いずれにしても、福祉協力員の活動には感謝である。

多くの市町村でこうした活動が活発化するとよい。以前、社会教育・生涯教育で学んだことを、地域活動/地域福祉活動で返していく「学び返し」運動を起こそうと、ある自治体の会合で話していたことがあった。松江市はその実践モデルである。

全国をみれば、別のモデルもあるだろう。住民参加、住民主体の地域福祉活動の展開は、かならずしも容易ではないだろうが、もうすぐどこの地域でも、こうした支え合いの活動が不可欠になる。差し迫ってくれば、やらざるを得ない。

スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.09.25 21:09  | # [ 編集 ]

コメント、ありがとうございました。お互い、がんばりましょう!

2008.09.25 22:30 URL | beagle #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.09.25 23:56  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/106-412aa770

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。