FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No91 横山登志子『ソーシャルワーク感覚』弘文堂 2008年

キーワード:ソーシャルワーク、グラウンデッドセオリー

ソーシャルワーカーは、クライエントや利用者に対する「受容」や「共感」が大切、と教わる。でも、ソーシャルワーカーも「生身の普通の人間」なんだから、「受容、共感できない状況」もある。本書は、そういう状況が「あるということを前提にした援助関係論が必要」という問題意識から出発した調査研究の成果である。

1987年の社会福祉士及び介護福祉士法の制定当時、ソーシャルワーク実践にかんする実証的研究は非常に限られたものであった。だから、ソーシャルワーカーたちの実践内容やプロセスがどういうものかは、実践事例報告から推測するか、経験談で知るしかなかった。

それから20年、社会福祉士資格をもつソーシャルワーカーが増加した。横山さんのように、体験を踏まえてその実践を研究する人々も増えてきた。ソーシャルワークを実践するとはどういうことなのか、ソーシャルワーカーとして日々どのように取り組めばよいのか、ソーシャルワーカーとしてのアイデンティティをもつ/もとうとしている実践家たちは、日々の内省を経てこうした研究に着手することになったのだろう。

おかげで、多様な分野におけるソーシャルワーク実践の内容やプロセスが、少しずつ見えるようになってきた。ソーシャルワークを含む援助/支援活動がブラックボックスであった時代は終わった。ソーシャルワークとはどういうものか、研究結果を踏まえて、その内容の適切性や必要性、課題を社会的にアピールできるようになった。と同時に、明らかにされたデータと分析結果を踏まえて、「まっとうな批判」を受ける可能性も広がった。

社会福祉基礎構造改革の前後から、援助・支援活動(サービス)(=善)といえども、アカウンタビリテイ(説明責任)とサービスの質が問われ、評価の対象となってきた。それに伴い、量的調査によるエビデンスを重視するEBP(エビデンス・ベーズド・プラクテイス=根拠にもとづいた実践)が主張されるようになっている。しかし、ソーシャルワークのような多数の要因が複雑に絡む実践については、本書が活用したグラウンデッドセオリーアプローチといった質的調査方法の有効性が高い、、、はず。

本書は、PSW(精神科ソーシャルワーカー)へのインタビューを通して、「ソーシャルワーク感覚」(援助行為に関するソーシャルワーカー自身の意味付けや身体感覚)を、「援助観の生成という長期的な実践経験のなかで見出される感覚」として把握している。あくまでも、PSWの語りを通したPSWのアイデンティティ形成の分析であるので、PSWの実践内容とプロセスそのものは明示されていない。

しかし、本書は本書の目的を達成しており、研究論文として質が高い。困難を承知で言えば、次回は、利用者やその家族、同僚・上司、関係機関職員などとの相互作用の分析を通して、PSWのソーシャルワーク実践の特徴と、他分野のソーシャルワーク実践との共通性を見える形にしてほしい。


スポンサーサイト

本書の著者はむかし私が北海道で一生に仕事をした人です。
とても研究熱心な方でこれまでも多くの優れた研究論文を発表されている。

実は、今日紹介されている本を本屋さんで3回は立ち読みしたのですが、これまで結局買わずにきました。(専門外で難しい・・)

ですが、副田先生のこの解説を読んで、自分がわからなかった部分に見通しがつき、この本の位置づけが明快になりいい勉強になりました。

社会福祉士ができる前夜の頃、多くの関係者は反対でした。20年たってみると、少なくとも研究領域での蓄積が出てきたようで感慨深いです。

2008.08.25 10:29 URL | 古瀬 徹 #v6B3XZ1k [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://beagles.blog15.fc2.com/tb.php/105-ec5a2f5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。