FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No105  野口裕二編著 『ナラティブ・アプローチ』 勁草書房、2009年

キーワード:ナラティブ・アプローチ、ストーリー


野口さんの序章「ナラティブ・アプローチの展開」と、終章「ナラティブ・アプローチの展望」を読むと、ナラティブ・アプローチとは何か、ナラティブ・アプローチを使う意義、ナラティブアプローチの可能性といったものが、大変よくわかる。

ナラティブ・アプローチとは、「ナラティブという形式をてがかりになんらかの現実に接近していく方法、つまり、研究方法によって定義されるアプローチであって、ナラティブそれ自体を研究するものではない。」

また、ナラティブアプローチは、「実践という目的のためにも使う(ナラティブセラピーやNBM)が、研究のためにも使う」

研究における「分析手法」としては、「構造分析(ナラティブの形式的特徴を理解するうえで役立つ  概要、方向付け、行動、評価、解決、回帰など)」と「機能分析(ナラティブという形式がなんらかの現象に対してどのような機能を果たしているか)」とがある。上記のナラティブアプローチの定義をみればわかるように、後者にこそ意味がある。

「ナラティブのなかに本質が隠されていると見る本質主義」の立場に立てば、「ナラティブはなんらかの本質を示すデータとして扱われる。GTA(グラウンデッド・セオリー・アプローチ)はその洗練化されたものであり、インタビューでは片寄のないデータを取り出す工夫がなされる。」また、実践では、「クライエントの語りから真実をいかに聞きとるか」が目的となる。

他方、「現実をナラティブが構成するという構成主義」の立場に立てば、「ナラティブが結果としてどのような現実を構成しているかに着目する」ことになり、従来のアプローチとの違いはより明確である。「インタビュー事態がなんらかの現実を構成するプロセスとなる。」実践においては、「クライエントとセラピストが共同していかにして新しいナラティブを生み出せるか」が焦点になる。

6章「社会福祉領域におけるナラティブ論」を執筆した木原活信さんは、「従来の援助方法で無視されてきた当事者の声と現実が本当に語られてきたのか」として、「専門家が聞こうとしてこなかった物語」を物語る当事者運動としてのナラティブ運動に注目している。

野口さんは、木原さんらの指摘を踏まえて、「ナラティブアプローチは、いまだ語られていない物語というアイデアを軸に展開している」と述べたうえで、「いまだ語られていない場面」として、①語ってこなかった物語(告白、カミングアウトなど)、②語る機会がない、聞いてくれなかった物語(当事者主権の動き)、③自分でも意識しておらず、自分のなかで物語として成立していないものを物語り化していく場合、の3つがあるという。

「福祉や看護、心理などの臨床領域において、語りはこれまでも重視されてきた。」ただし、その多くは、①と②であり、その真実の語りを引き出すための「傾聴や受容、共感」などの工夫もなされてはきた。野口さんによれば、ナラティブ・アプローチがあらたに注目したのは③、つまり、「真実の語りではなく、新しい語り、別の語りが語られる可能性」なのだ。

「隠れた物語を発見するのではなく、新しい物語を生成することへと視野を広げる。」これがナラティブ・アプローチと従来のアプローチとの「決定的な違い」というのが野口さんの認識である。

そう、これがナラティブ・アプローチの意義なのだ。語られなかったストーリー、当事者が「真実」だとするストーリーを当事者が語り、専門家はその専門的理論的枠組みを、当事者を抑圧してきた社会はその「常識」を捨てて当事者のストーリーを「真実」として認めよ、というのであれば、専門家の理論や専門性を拘束/抑圧したり、世間一般の見方と対立してしまうだけに終わる危険性がある。

ナラティブアプローチは、隠されてきた「真実」を発見するというよりも、専門家と、また、社会とともに新しい物語を「生成」することに意義がある。

今、ミクロな実践に関心がある者としては、新しい物語の「生成」の方法としては、解決志向アプローチに関心がある。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。