FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No104  秋元美世『社会福祉の利用者と人権――利用関係の多様化と権利保障――』有斐閣 2010 

キーワード:利用者、人権、権利保障

介護保険と社会福祉の「基礎構造改革」によって、サービス利用は基本的に措置から契約に変わった。サービスの受給者もサービスの利用者へ転換した。

「市場化、契約化の中で想定されている利用者像は、自己利益の追求という特性を合わせもった賢い消費者」である。と同時に、消費者は「利用者としての主体性を発揮」して、契約手続きや苦情処理制度」を活用することを求められている。

また、「自立・自助を求められる(強制される)利用者」も、「利己主義的な行動様式を踏まえながらプログラムへの参加を促す手立てが講じられている」とともに、「利用者の行為主体性をどのように発揮させることができるか」が問題となっている。

さらに、保護が必要な「バルネラブルな利用者」についても、保護だけでなく「その行為主体性(エージェンシー)をいかに尊重していくかが重要な論点」になっている。

秋元さんは、このように利用者像の多様化について述べたうえで、「消費者としての利用者」像を前提とした契約化では対応しきれない問題の存在や、「保護を必要とする利用者」に対する「支援された決定」モデル、「自立を求められる(強いられる)利用者」に対する自立支援プログラムの正当性とその問題点などを論じている。

利用者像の多様化にもとづいて、必要性の充足と自律/自由という社会的人権を記述するならば、「必要性の充足」については、「契約化が権利性の明確化に大きく寄与することになったといえる」。だが、「賢い利用者」像では個別性問題に対してうまく対応できない。この個別性問題は「権利の非実現」としてとらえることができ、それに対しては「緩やかな制度化」(例:オンブズマンや苦情解決制度)で対応できる。

自律については、センの言う「有効な自由」(私が選択するであろうことに沿ってコントロールが体系的に行われている限り、結果として自由の意義は損なわれていない)という観点を採用し、「保護を必要とする利用者」の自律と保護の問題をともに扱える枠組みを手にできる。秋元さんはこうした利用者の多様化と人権の問題を、多角的、論理的に論じている

福祉の制度論や実践論では、長い間、社会権の保障だけが論じられ、自由権の保障が論じられてこなかった。その自由権の保障論議を、利用者像の多様化を通して論じるという視点は大変興味深い。

実践論に関心をもつ者としては、モチベーションと行為主体性(エージェンシー)の概念を用いた利用者像の変遷と類型(1章「福祉サービスの利用者像」)、介護保険のフォーマリズムと消費者主義では対応しきれない問題(2章「福祉サービスと契約」)、保護を必要とする人々のパターナリズムが正当化される条件(3章「保護を必要とする利用者」)が特に勉強になった。


スポンサーサイト
高齢者虐待対応の新アプローチとして、「安心づくり安全探しアプローチ(AAA:スリーエー)」を開発し、研修を始めることにしました。
解決志向アプローチの考え方とスキルをもとにしたもので、関係をつくりにくい家族との面接に焦点をあてたアプローチです。

AAAのホームページを開設しましたので、ごらんいただければ幸いです。そこに研修案内も載っています。

http://www.elderabuse-aaa.com/

また、AAAのブログも始めました。訪問していただければ嬉しいです。

http://d.hatena.ne.jp/threeA/
No.103  中野民夫・森雅浩他 『ファシリテーション――実践から学ぶスキルとこころ――』岩波書店、2009年


キーワード:ファシリテーション、ファシリテーター、スキル

ファシリテーションは、本書にもあるように、あらゆる実践分野で必要な「スキルと考え方」になってきた。ファシリテーションは、グループやチームによる話し合いを進めるスキル、ノウハウを指すだけではない。

「学校や社会教育、地域や市民活動やNPO/NGO、企業や行政、医療や福祉、農業などの現場で、参加型の場をつくり、集う人の智慧と思いを紡ぎながら何かを改善していこう」という人々の思い、「この世の中をもっとまともにしたい」という願いを実現するための、「平和で持続可能な社会づくりの共通基礎文法」なのである。この思想があるから、岩波から本書が出されたのだろう。

ファシリテーションの実際として5つの事例が紹介されている。鈴木まり子「市民参加を進めるファシリテーション」を読んでいると、ファシリテーションの考え方とスキルが、地域のソーシャルキャピタルづくりに貢献するその過程がわかって面白い。

「地域づくり」は、市民が政策決定過程や政策モニタリング過程に公募市民として参加するとか、行政機関が地域ネットワークづくりの講演会やシンポジュウムを開催する、地域包括支援センターが民生委員協議会に出向いて協力支援を要請する、などなど、さまざまなレベルで多様な方法が試みられているだろう。だが、「市民参加を進めるファシリテーション」はもっと広がっていい。

「大学での参加型授業を実現するファシリテーション」も、多くの大学におけるFD(ファカルティ・デヴェロップメント=教員教育)に参考になるはずだ。

地域づくりも学習も、その意欲や意識を持ってもらうことから始まる。そのためには、参加を楽しい、面白いと感じてもらうことが必要だ。そうした体験をもってもらうためには、ファシリテーションのスキルは欠かせない。

ソーシャルワーカーは、家族との面接や職場でのミーティング、関係機関とのカンファランスなどで、ファシリテーターとしての役割を求められることが多いはず。「ファシリテーション」から学ぶことは多い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。