FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
番外編 No10  黒田研二『高齢者虐待防止における評価体制の構築を目指して』


市町村の高齢者虐待防止担当セクションの職員さんにとって朗報です!

高齢者虐待ケースの基本台帳および厚生労働省報告用集計シート(エクセル版)と、その使い方・活用法をわかりやすく解説している報告書(CD付き)が刊行されました。

大阪府立大学の黒田先生による『高齢者虐待防止における評価体制の構築を目指して ――高齢者虐待「対応」から「防止」への取り組み~簡単ツールでがっちり情報管理~ ――』です。

虐待ケースの情報管理を行う「簡単ツール」と、全ケースについてモニタリングし評価を行う「レビュー台帳」が載っています。

高齢者虐待防止担当セクションの職員さんは、虐待事例の集計結果を毎年度厚生労働省に報告しなければなりませんね。でも、日常的にこうしたシートによって情報管理し、定期的にレビューしておけば、毎年度夏前にあわただしく集計するという作業をしなくてすむのではないでしょうか?

「簡単ツール」で得た統計情報を、事業報告や事業計画に活かすことも、「簡単ツール」でつくった資料をネットワーク会議や地域ケア会議で活用することもできます。

地域包括支援センターが民間委託で複数あるような自治体では、各地域包括の職員さんがその都度、この基本台帳に情報をインプットし、自分のエリアの虐待事例について管理するとともに、市町村にそれを送付する、市町村の担当部署は、これを定期的に集約して統括し、レビュー会議を責任をもって実施していく。

こうした活用の仕方をするならば、高齢者虐待防止の実務者間のネットワークがよりうまく機能していくと思われます。

サブタイトルに「市町村高齢者虐待対応評価ガイドブック」とあるように、このツールと解説文を活用すれば、自分たちの虐待防対応や防止活動を常時「評価」することができます。

スポンサーサイト
No100 リンダ・ジンガロ、鈴木文・麻鳥澄江訳 『援助者の思想――境界の地に生き、権威に対抗する――』  お茶の水書房 2008年


キーワード: エンパワメント、実践家、自己開示、境界の地に住む実践者

本書で言う援助者とは、「境界の地に生きる」実践者、つまり、社会の周縁に追いやられ抑圧されてきた存在である/あった人々で、援助者としての役割をとる人々のことである。

アルコール依存症や薬物依存症などのアディクションをもつ/もっていた人々が、同じような問題をかかえる人々に対して援助者の役割をとることは、その人たち自身にとっての回復と維持を助けることになる(ヘルパーセラピー原則)。だから、アディクションの領域では、回復者がヘルパー、援助者として活動することは望ましいこととされてきた。

しかし、それは、社会の主流文化の価値や規範の枠内の話である。本書は、援助者が、そうした主流文化に絡めとられることなく、社会から「おぞましいもの」として周縁に追いやられ、抑圧されている人々をエンパワメントとすること、同時に、主流文化の価値理念や不公正・不公平を生む社会構造を指弾し、社会変革を追求するには、どのようであればよいのかを、問うたものである。

著者は、当事者が自身の物語を語ることがエンパワメントになるという単純な考え(エンパワメント至上主義)を批判する。主流文化にいる人々が理解できるよう語ることは、結局は 主流文化の期待に沿った語りを強いられ、傷つく危険性も高いのだ。それに、おそらく、主流文化に言い寄ったとして、当事者仲間から厳しいまなざしを受けるおそれも強い。

著者は、境界の地に生きる実践者たちに、「自己開示」に関するモデル事例を提示し、それについてどのように考えるか、自分たちはどう「自己開示」してきたのかを語ってもらっている。

境界の地に生きる援助者は、「本物」として「語ること」が権威をもつことであるとともに、危険性をもつことを十分に理解すること、そのうえで、力を奪われている存在とその被抑圧性を主流文化の人々が理解できるよう、周到に準備した「磨かれた物語」を自己開示すること。そして、語らないという選択も主体的選択として尊重すること。

著者は、エンパワメント至上主義は否定する。だが、境界の地を生きる実践者が「磨かれた物語」を語ることによって、周縁に追いやられた人々をエンパワメントすることは必要なことだとしている。

当事者が語りを通してエンパワメントすることが結果として主流文化に適合することになるという逆説を、著者は、境界の地を生きる実践者の「磨かれた物語」によって回避しようとしている。

トラウマについて「語る者のポジショナリティ」を論じた宮地尚子さんの「環状島」のモデルで言えば、死んで「内海」に沈んでしまわずに、かろうじて生き残って「波打ち際」に届き、そこから「内斜面」の陸地に上がって、言葉を発することができる者たちになり、言葉の力を増して、雄弁に語る「尾根」に登った当事者としての存在と、尾根の「外斜面」にいる非当事者(支援者や関心をもつ者)としての存在を合わせもつ、境界の地を生きる実践者。

「当事者性、発言権、証言者としての正当性、被った被害や抱える負担の大きさ」が大である当事者と、それが小さい非当事者の両方の立場を理解しながら、あくまでも当事者のポジションから発現していく。しかし、「尾根」の高みにいる非当事者でもある当事者としての実践家は、「波打ち際」にいる当事者にどう見えるだろうか。


回復者スタッフが専門家と対等にプログラムを運営しているアミティなどの実践例を学びたい。

本書のタイトルは、Rhetorical Identities: Contexts and Consequences of Self- Disclosure for ‘ Bordered’ Empowerment Practitioner である。
しかし翻訳本のタイトルは、「援助者の思想;境界の地に生き、権威に対抗する」である。

タイトルをこのように意訳したのは、訳者たちが、境界の地で生きる実践家よりもむしろ、専門家として主流文化にいる普通の援助職たちに(そして、研究者たちに)、メッセージを送りたかったからである。それは、著者が一貫して示しているような、「当事者を傷つけない」倫理意識と、「不公平・不公正をなくすための社会変革を目指す」倫理意識をもつことである。

エンパワメントを訳本のタイトルに入れなかったのは、ディスエンパワメントの機能をもつ行為すらエンパワメントとして語られるコンテクストがある以上、誤解されるおそれを回避したかったからではないか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。