FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No97 三好春樹 『最強の老人介護』 講談社 2008年

キーワード:老人介護、ケア

介護のカリスマである三好さんの本は、どれも面白い。今回いいな、と思ったのは、「行きっ放しの思想」と「帰り道の思想」という言葉。

三好さんは、介護の時代は、わたしたちに思想の変換を迫っている、と言う。発達と進歩を良しとする思想は、老いを内包していない。発達し、進歩するだけでその豊かさを人生の豊かさにつなぐ回路がない。今必要なのは、「帰り道の思想」。

上野千鶴子さんのいう「生き延びるための思想」とも違う「帰り道の思想」。
本書は、認知症の老人が「帰り道」を探すことができるように支援する技(わざ)がいっぱい。では、「帰り道の思想」は仏教に求めようか。

本書のなかでちょっとひっかかる言葉は、「母性的介護」や「母性」。三好さんは、フェミニストから批判されてもなお、多くの本でこれらの言葉を使っている。本書でも、「母性」を「弱い立場の人、困っている人を目の前にするとなんとかしてあげたいと思う、人間が本来持っている性質のこと」と定義するなら、「介護の基本は豊かな母性だと言っていい」と述べている。

この定義、なぜ、「人間性」と言わないのか不思議だ。
「専門的知識や技術はその母性を実現するための手段」を
「「専門的知識や技術はその人間性を実現するための手段」に

「手段はいつも母性によってチェックされなければならない(中略)。もちろん、母性という主観的で自己満足になりがちなものを、冷静で客観的な専門性がチェックすることも必要である。」を
「手段はいつも人間性によってチェックされなければならない(中略)。もちろん、人間性という主観的で自己満足になりがちなものを、冷静で客観的な専門性がチェックすることも必要である。」に

変えると何がまずいのだろう?

変えてくれると、ソーシャルワークは「アートと技術」ではなく、「人間性と専門性」と言いやすくなる。
スポンサーサイト
NO96  シュリル・クライマン/鎌田大資・寺岡伸悟訳 『感情とフィールドワーク』 
世界思想社 2005年
 
キーワード:感情  感情管理 インタビュー

高齢者ケアの領域では、ケアワークを感情労働としてとらえて、その特質を論じるという労働論や管理論が目に付く。看護の領域では、感情管理の技法まで踏み込んでいるものもあるようだ。だが、あってよさそうであるのに、ケアワークの領域に感情管理の技法まで踏み込んで論じたものは見かけない。社会学の研究者は、ケア労働には関心があっても、技法にまでは関心がないのだろう。

ソーシャルワークも感情労働そのものだ。バイステックの7原則のうちの「統御された情緒的関与」を出すまでもなく。しかし、感情労働として、また、その感情管理の技法を論じたものは、やはり、ないように思う。少なくとも、テキストでは。

生活保護ケースワーカーの「川柳事件」を扱った副田義也の「ケースワーカーの生態」(副田義也『福祉社会学宣言』岩波)は、川柳の内容分析を行って、ケースワーカーの仕事が何であるのか、見事に明らかにしている論文である。そのなかで、ケースワーカーの仕事の一部が感情労働であることを指摘している。

さて、本書は、質的調査を通してエスノグラフィを作成する社会学者が、調査者にとって質的調査は感情労働の側面をもつ、と指摘したものである。

調査者は調査における感情規則、たとえば、調査協力者を思いやる気持ちをもたなければならない、感情移入が必要である、ラポールを打ち立てるために相手を受け入れなければならない、相手に背を向ける気持ちをもってはいけない、、、、(規則というより思い込みと言ってよい)によって、ときに自分の否定的な感情に気付かないふりをしたり、むりやり抑えたり、別の感情に変えようとする(感情管理)。

だが、それは情報収集や分析に妨げになる。調査協力者や調査場所に対する自分の気持ちに気づき、その感じ方をもデータとして/手がかりとして使うこと。

ラポールができることは調査者にとっても気分がいいし、自分の有能さを確認することができる。しかし、そのことで失うこともある。ラポールができていることには、「社会学的理由」があるのだから、それを突き止めることが分析に役立つ。

クライマンはこのように指摘するとともに、わりきれない気分というもの、あるいは、感情の揺れ、は常にある。それを無視すべきではないとも言っている。

こうしたことは、面接をするソーシャルワーカーの仕事にもあてはまる。「困難事例」と実践者たちが呼ぶ事例がますます増えてくる現状にあっては、ソーシャルワーカーの感情労働、感情管理について考えることを急いだほうがよいのではないか。

ソーシャルワーカーの感情労働を指摘した論文は、上記したように社会学者のものである。社会福祉の研究者の間でソーシャルワーカーの感情労働、感情管理の研究がほとんど見られなかったのはなぜだろう?行政機関のソーシャルワーカーを初めとして、日本のソーシャルワーカーはニーズ確認とサービス結合が仕事の中心で、ラポール形成や面接技術、「統制された情緒的関与」は、ソーシャルワーカーたちにとって「むずかしい」大きな問題ではない、という思い込みがあったからだろうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。