FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No.95  時岡 新 「経験としての自立生活」 『参加と批評』第3号、 2009年

キーワード:身体障害、自立生活、支援

親族のなかにこの4月で100歳になる高齢者がいる。今は、特別養護老人ホームにお世話になっているが、2年前までマンションで一人暮らしをしていた。要介護3であったが、ほぼ寝たきりでポータブルトイレを使っていた。ウィークデイは午前中と午後2回、ヘルパーが入り食事などの世話を、土日と祭日は別居親族が交代で世話をしていた。

彼女の一番の不満は、ヘルパーの食事がまずいことであった。ヘルパーがよく交代するので、そのたびに、こういう食事内容をこういうふうに出してほしいとか、味付けはこう、ということを指示しなければならない。それもまことに面倒なことであるが、それでも自分のために、面倒くさいのをがまんして伝えていた。

だが調理の手順の悪さや調理下手については、いくらベッドから指示してもなかなか変わらない。「特に、男性ヘルパーはひどい、『いままでやったことがなかったから苦手なんです』などとヘルパーなのに言い訳を言っている」、とよく怒っていた。

本論は、脊髄性進行性筋委縮症の30代前半の男性Tさんに、介護者とのかかわりや介護者への思いを、具体的な場面に即してインタビューした結果である。本論を読みながら、上記親族の例を思い出した。

Tさんの語りを通して、障がいをもつ人にとって、その自立生活、自己決定のためには、支援のサービスがあればよいのではなく、サービスの質、直接的には、支援者の「技術」が必要不可欠であることに改めて気付かされる。にもかかわらず、Tさんは、ヘルパーに「技術」を求め、「技術」の質を追求することをためらう。

親族のように年齢のおかげで遠慮なく他人に物が言えるようになっていないからか
高齢者介護と異なり障がい者のヘルパーには若い男性が多い(同性介助原則)。だから求めることが困難、追及すれば簡単にやめてしまう、と思いこんでいるからか
介護保険の訪問介護事業所ほどに、障がい者の訪問介護事業所のヘルパー派遣が安定していないからか
障がい者のヘルパーにはヘルパー2級資格ていどで介護福祉士資格は一般的に求められていないからか、、、、

求められているのは手足代わりのロボット「技術」ではないが、むずかしい「技術」ではない。いや、どんな場合でも相手の立場や思いを推し量ったうえで実施する「技術」は高度な技術かもしれない。当事者の声を聞きながら、サービスの質を向上させていくこと。声を出して被る不利をできるだけ小さくするような/ゼロにするような条件を整えて、声を出せるような仕組みを作っていくことが必要だ。

No94で紹介した知的障がいをもつ人々の自立生活を支援する「技術」と、身体障がいをもつ人々の自立生活を支援する「技術」は、クロスオーバーしないのだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。