FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

No79 加藤悦子 『介護殺人――司法福祉の視点から 』クレス出版、2005年

キーワード:介護、高齢者虐待、司法福祉

近年、介護者による高齢者殺害の事件を地方新聞などでよく見るようになった。介護者がバーンアウト状態で殺害に至る事例、それまでの虐待がエスカレートした事例、いろいろだ。

加藤さんは、供述調書を含む多様な情報をたんねんに拾って、どのような経過と心理状況で介護殺人という事態が引き起こされるになったのか解釈し、それを防ぐにはなにが必要であったのか、を論じている。

博士論文をもとにした本のようで、地道で堅実な研究スタイルをとっている。事例の紹介はていねいだ。目からウロコの新しい分析視覚と結果はみられないが、今、何が必要か、という点を、貴重なデータをもとに改めて指摘した点は高く評価できる。

認知症と失禁を含む排せつの問題は、家族ひとりでの対応を超えた問題で、女性なら、家族なら、だれでもができる/「すべき」ケアの域を超えたタスクである。いくつかの感想のうちで、真っ先に思ったのがこれだった。
スポンサーサイト



オーストラリア、ハモンドグループの瀬間さんが発信されているニュースから、最近の高齢者虐待防止の動きに関する情報を以下に引用させてもらいました。


ハモンドケアグループ・認知症サービス開発センター ニュース 2007年8月

豪州における高齢者虐待について
約2年前、豪州・ビクトリア州のナーシングホームで入居者の虐待が起こり、それをきっかけとして虐待防止に対する法律の改正があり、本年7月1日より、高齢者ケア施設で虐待が判明した場合、警察に通報しなければならないという義務が課せられた。

このため高齢者ケア分野では現在、高齢者虐待に対する見直しが余儀なくされている。
(通報義務は、現在入居施設のみ対象となり地域ケアにおいては、この対象外である)
ある高齢者ケア施設では、専門職員が虐待であると見分けられるような教育が現場で提供されている。

開業医に対しての高齢者虐待についての啓発活動の内容
開業医が虐待が起こりやすい状況とはどういうものであるか理解してもらう
その虐待が起こりやすい危険因子(Risk Factors)の把握
1:介護依存度の高いお年寄りの存在
2:薬物とかアルコール中毒などの問題を抱えている人が家族にいる。または精神疾患・心理的な病理抱えている家族がいる場合
3:家庭内暴力の既往がある
4:介護者のストレスが高まっている
開業医は、これらの状況において虐待が起こりうることを意識し、次の第2ステップとして、クライエントのうちみ・傷などの有無について観察を行なう。
開業医が使えるアセスメントシート等のスクリーニングツールの開発を考えたが、虐待の事例の発見率が高まったという研究報告はなく、開業医の気づきを高める方が効果があるといわれている。

***
開業医に理解してもらう運動を展開する、日本では一番欠けていることではないでしょうか。厚生労働省がイニシアティブを発揮すればよいのでしょうが、都道府県レベルで進めていくこともできるはず。