Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No69  須藤八千代・土井良多江子・湯沢直美・景山ゆみ子 
『相談の理論化と実践――相談の女性学から女性支援へ――』
新水社 2005年

キーワード:フェミニズム、相談、女性学


ソーシャルワークのアプローチなかに、フェミニスト・アプローチというものがある。フェミニズムの視点からソーシャルワークを行うものだ。

女性学の視点から相談に応じる、ということである。本書に序文を寄せている内藤和美さんによると、「相談の女性学」は、「女性学の認識や方法や成果によって組み立てられ営まれる相談」である。

「相談を男性優位社会のなかで奪われてきた諸々の力の回復を援助するためのシステマテックな活動と認識」し、「相談者である女性たちの困難・問題を個人的事情というよりむしろ社会構造に起因するものと捉える」ことである。

では、具体的にはどのように相談に応じ、支援することなのか。

湯沢直美さんが「母子世帯の子どもが餓死した事件とその裁判事例」を取り上げて、それをうまく説明してくれている。

ジェンダーの視点による「見立て」によって、問題を「個に埋没」させることなく、その「本質」を可視化すること。ストレングス視点によって、「クライエントこそが自分の問題に関する専門家」であるという視点に立ち、相談者自身が「問題解決力を発動していく」という援助関係を形成すること。

「他人事」を、共感によって「私たちの事」「社会の事」に転換し、「特殊から普遍へ」「ソーシャル」+「ワーク」へ。

制度自体がジェンダー規範を体現していることを十分に認識したうえで、問題解決に向けた方策をともに考えること。

「相談者」によって「話される」言葉、「放された」言葉を、時代の証言として受け取るという認識が、「相談の社会性」の視座を開く。

湯沢さんのポイントをこうして拾い上げるだけでは、そのうまい説明が伝わらない。

本書の1章で須藤八千代さんが指摘していることは興味深い。かつて、福祉事務所においては、生活保護の申請受理や社会福祉施設への入所措置、諸手当ての支給決定といった行政処分のかかわらない相談に、組織の人々は関心をもたなかった。

また、生活保護などのサービスニーズをもって福祉事務所に来た人を、制度利用を抑制するための「慰め」や「励まし」で帰すことに「相談」という言葉が用いられる現実があった。「相談だけでごめんなさい」という謝罪。

「相談者が期待していたなんらかの実体のある援助にならなかった相談」は、相談者にとっても、「相談を受けた職員にとっても、一種、時間の浪費にすぎないという認識が共有されていた。」そして、このような相談件数はカウントされなかった。

こうした「相談へのまなざし」は、相談員そのものへの軽視にもつながり、特に、「婦人保護事業は片隅の存在」であった。

法的制度の執行業務の一環としてあるはずの「相談(=ソーシャルワーク)」は、プラクテイカルなサービス・手当て等に結びつかないようにする「相談」であったという事実。

「相談」そのものの重要性と必要性を社会的に認知させる力をもつ民間相談機関は、長い間、わが国には、なきに等しい状態であった。1990年代になるまで、フィールドソーシャルワークの展開する条件はほとんどなかったのだから仕方のないことだけれども、福祉における「相談」の意味のなんと軽いことか。
スポンサーサイト
No.68 浦賀べてるの家 『べてるの家の「当事者研究」』医学書院、
2005年

キーワード:当事者、当事者研究、統合失調症

以前出版された『べてるの家の「非」援助論:そのままでいいと思えるための25章』を知ったとき、「『非』援助論」、という言葉に刺激を受けたが、本書の「当事者研究」もまた魅力的だ。

ソーシャルワーカーの向谷地さんの文章によると、「当事者研究」は、「問う」ことを通して、「自分の苦労の主人公になる」という体験であって、「幻覚や妄想などのさまざまな不快な症状に隷属し翻弄されていた状況に、自分という人間の生きる足場を築き、生きる主体性を取り戻す作業」ということである。

当事者による当事者のための当事者についての研究。

本書に文章を寄せた、べてるのメンバーの多くが、向谷地さんに「当事者研究」をしてみないか?と言われて、なんだか面白そう、と思ったと書いている。

楽しんでやれる「主体性を取り戻す作業」の新しい方法の発見。ほぼ30年に渡るべてるの歴史のなかで、熟成されてきたものなのだろうが、これはすごいことではないか。

向谷地さんによれば、「当事者研究」にかんする「共通のエッセンス」は、「<問題>と人とを切り離す」、「自己病名をつける」、「苦労のパターン・プロセス・構造の解明」、「自分の助け方や守り方の具体的方法を考え、場面をつくって練習」、「結果の検証」である。

これを自分自身で行うのだが、仲間のグループで、そして専門職も共に行う。だから、この作業は、「人とのつながりの回復と表裏一体のプロセス」なのである。

このエッセンスは、ナラテイブアプローチ、解決志向アプローチ、SST(ソーシャルスキルトレーニング)のエッセンスでもある

いろいろな「当事者研究」が、「サバイバル系」「探求系」「つながり系」「爆発系」と分類されて報告されているが、研究の質と報告の質について、もっとも面白かったのは、渡辺瑞穂さんの「摂食障害の研究:いかにそのスキルを手に入れたか」だった。

虐待や機能不全家族に育った子どもたちが、渡辺さんを初めとする「サバイバル系」の当事者のように、「当事者研究」をする機会と仲間といい支援者に恵まれることを、改めて強く願う。
No67 ブロンウエン・エリオット、ルイス・マローニー、デイー・オニ ール、楡木満生他監訳  
『家族のカウンセリング--親子・家族の強さを見つけるストレングスアプローチーー』ブレーン出版、2005年


キーワード:ファミリィワーク、ストレングスアプローチ、楽観主義、解決志向型アプローチ、ナラテイブアプローチ、認知的アプローチ、コミュニティ開発アプローチ


ファミリィワーク、ファミリィソーシャルワーク、という用語が、わが国の社会福祉、子ども家庭福祉の文献にも登場するようになってきた。

本書での定義(=家族問題に実際に直面する取り組み、家族機能や家族メンバーが関係するさまざまな問題を解決していく実践活動)のような意味で使われたり、児童養護施設や児童相談所における家族再統合を目指した実践という意味で用いられたりしている。

平成16年度から、児童相談所だけでなく市町村も、責任をもって児童虐待を含む子ども家庭問題に対応することになった。それゆえ、児童相談所や児童家庭支援センターだけでなく、市町村の子育て支援課や、東京都の子ども家庭支援センターなどにおいても、ファミリィワーク/ファミリィソーシャルワークの実践が求められている。

本書は、ファミリィワーク/ファミリィソーシャルワークの実践において有効性の高い4つの支援アプローチを、事例を示しながらわかりやすく、ていねいに説明している。わが国の子ども家庭福祉分野で働く実務者にとっても有益と思われる。

4つのアプローチは、①解決志向型(ソルーションフォーカスト)アプローチ、②ナラテイブ(物語)アプローチ、③認知的アプローチ、④コミュニティ開発アプローチである。

オーストラリアのファミリィソーシャルワーカーである著者らは、この4つをまとめてストレングスアプローチと言い、その有効性に信じている(客観的成果評価は困難という認識のもとに)。家族員の潜在能力を引き出し、家族自身による変化を信じて支援していくことから、楽観主義のアプローチとも言っている。

①~③については、解説本も多いので説明は省こう。④コミュニティ開発アプローチというのは、家族のソーシャルサポートネットワークの構築を支援するとともに、家族員が地域の活動に参加し、ソーシャルキャピタル(社会的資本)になっていけるよう支援するというものである。

著者たちが言うように、これらのアプローチは、従来の「問題解決アプローチ」の発想を逆転させたものであるから、ちょっと学んだからといってすぐに実践できるものではないだろう。きっちりと研修を受け、できればスーパービジョンを受けながら経験を積んでいかなければむずかしい。楽観主義でいく、ストレングス(強み、可能性)を信じて支援する、といった姿勢だけでも、それを貫くのはさほど容易なことではない。

これらのアプローチは、ファミリィソーシャルワークの有用なアプローチである。それにもかかわらず、本書のタイトルが『家族カウンセリング』となっていて、心理臨床の本といった印象を与えるのは、至極残念。

わが国のファミリィソーシャルワークは、その必要性や重要性が近年になって確認されたばかりだ。その実情は、ケースマネジメント(相談支援とアセスメント、プランニング、プラン実施、モニタリング)が中心で、家庭訪問を武器に、①~④のアプローチによる支援によって子どもや家族の変化を促進し、エンパワメントしていくところまで実施できているところはないのではないか。あったとしても、おそらく例外的存在だろう。

だが、こうした家族の変化を促す支援のアプローチは、実践の現場で確実に求められている。

ジェネラリスト・ソーシャルワーカーである社会福祉士の養成教育のなかでも、これらのアプローチについての知識を提供する。そして、アドバンスト・ソーシャルワーカーとして業界で創設したらよいスペシャリスト・ソーシャルワーカー(子ども家庭福祉士、医療福祉士、など大学院修士卒の資格)の養成教育では、みっちり教育し、現任訓練もしっかり行う。そうしたことがぜひ必要だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。