FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No56 平田厚 『家族と扶養 ――社会福祉は家族をどうとらえるかーー』 筒井書房 2005年

キーワード:家族、民法、扶養、老親扶養、引取扶養

児童扶養、老親扶養、生活扶助、扶養義務者の費用負担、世帯分離など、社会福祉における家族と扶養に関する主要な論点について、種々の説を紹介しながら、歯切れよく解説してくれている(ただし、サブタイトルの問いに対する明確な答えはなかった)。

社会福祉でもお馴染みの、中川善之助博士の「生活保持義務」「生活扶助義務」の二元論。これは、明治民法下における強固な家制度を換骨奪胎し、「家的・儒教的倫理観を基礎として後順位におかれていた配偶者や子の扶養を受ける権利を先順位に引き上げる」たもので、この理論の果たした役割は極めて大きいものであったとのこと。

また、「生活保持義務」と「生活扶助義務」の区別は、沼正也教授の自因説、他因説にもとづけば、前者には結婚する、子を設けるという、「自由意志にもとづく引受責任」という根拠(自因説)があり、後者は、親族という血縁関係(他因説)のみであって、前者がより強い義務性を帯びる、ということになる。

この自由意志にもとづく引受責任の有無によって扶養義務の強度が測られるべきで、これが、公的扶助などの公的介入に先立つ私的扶養義務の正当化の根拠とすべきであると平田氏は言っている。

「生活保持義務」は夫婦間、未成熟子に対する扶養義務であって、その内実には、身上監護(事実上の世話と世話をアレンジする行為)、b行為的監護(財産管理をはじめとする法律行為の同意・代理)=代弁的監護、c経済的監護が含まれる。これらが要保護性をもつ場合、その支援として、a福祉的支援(社会福祉サービス)、b民事的支援(親権制度、成年後見制度など)、c経済的支援(公的扶助など)が対応する。

家族の情緒的監護については、精神的支援を法的に制度化することは不可能で、実定法外で対処することになる。情緒的監護機能について法による干渉は謙抑的であるべきで、国家は家族が情緒的監護機能が果たせるよう環境整備することだけ求められる。

ただし、家族=親密圏は、家族員の人権侵害を引き起こす危険性もある。だから、家族の親密性、多元性を承認したうえで、法適用については謙抑的な態度をつらぬくとともに、後見的見地から国家は家族全体の支援を行うというスタンスをとり続けることが必要、なのである。

他方、「生活扶助義務」である老親扶養については、扶養は経済的な給付による扶養のことであって、介護労働や面倒見は含まれないと解するのが通説であって、事実上監護(面倒見)はあくまでも、経済的扶養に代わるものにすぎない。

平田氏の主張は明快である。ただ現実の児童虐待やDV対策は、まだまだ、家族全体の支援を行うスタンスに立ったものとはなっていない。謙抑的対策と家族全体の支援とのバランスは、制度ではなく、実践でとるべきなのか。

高齢者虐待防止法が施行され、高齢者福祉に携わる実践者は、扶養問題について頭を悩ませているかもしれないが、上記の点については改めて確認しておいたほうがよいと思われる。
スポンサーサイト
No55  好井浩明 編著 『繋がりと排除の社会学』 明石書店 2005年

キーワード:日常的排除、繋がり、差別、リアイリティ齟齬

社会福祉で「排除」という用語を聞くと、「社会的排除(ソーシャルイクスクルージョン)」、「貧困」「アンダークラス」といった用語をすぐ思い出す。本書は、そうした社会構造的問題としての排除ではなく、日常生活において私たちが普通に行っている「いま、ここ」で生じている「自明なもの」としての排除を取り上げている。

興味深いタイトルの論考が7つ納められている。ソーシャルワークとの関連で関心を引いたものに、西倉実季「『クレイム申し立て』としてのインタビュー:顔にあざのある女性の『問題経験』をめぐる語りから」と、石川良子「『ひきこもり』に関わる人々が“現場”に居続けるための実践」があった。

この2つは、好井さんの言葉を借りると、「日常生活における排除の様相」を明らかにしたというより、「排除の様相を読み解こうとしている術のなかに、そうした術を意味あるものとして使用している実践のなかにある排除の様相」を論じている。

西倉さんの論文では、「顔にあざのある」当事者にそのことの意味を尋ね理解しようとしたインタビューアー自身が、明確に意識してはいないものの、「顔にあざのある」ことについての解釈、思い込みをもっており、それが、インタビューイー、つまり、当事者にとっての意味、当事者が語っているリアリティを排除してしまうプロセスを記述している。そのリアリティ排除を敏感に感じたインタビューイーが、反撃すべく発言した内容が、このプロセスの存在をインタビューイーである著者に気づかせている。

ソーシャルワーク論において、近年、ナラティブアプローチ(物語アプローチ)の人気が高い。ソーシャルワーカーら援助職は、一定の知識と体験にもとづいて問題・ニーズを解釈する。しかし、その「専門知」が、クライエント、当事者のリアリティを抑圧し、さらにはデイスエンパワメントしてきたのだから、その「専門知」をカッコに入れて、当事者の語りを聞き、当事者のリアリティを理解するところから始めよう、、、、。

ナラティブアプローチをこの程度の理解で使うのなら、やはり、その面接過程はクライエントのリアリティ排除に陥る危険性があるのではないか。ソーシャルワーカーが面接する多くのクライエントは、サービス利用希望者、あるいは、サービス利用者であるから、反撃はむずかしい。

石川さんの論文からは、援助職は、クライエントだけでなくボランティアの感じる脆弱性にも、ときに思いを至らせ、謙虚さを取り戻す必要のあることを感じた。

No,54 清水哲郎「浸透し合う諸個人」(清水哲郎『医療現場に臨む哲学Ⅱ ―― ことばに与る私たちーー』 けい草書房 2000年

キーワード:自己決定、個人主義、共同決定、

かつて清水氏は、医療現場における自己決定の尊重について、(1)措置を実行しないと重大な損失が見込まれ、かつ(2)患者の人生観・価値観・信念等に照らしても、その措置の強行が重大な損失を与えることにはならないと判断される場合には、これは制限される、と提案していた。

しかし、本書ではこれを改定する。大きな事故にあい瀕死の状態にあるD氏の「死の自己選択」に対して医療側が介入して治療継続した事例をもとに、「生死を左右する場合はこの限りではない」、つまり、自己決定尊重ルールが適用されない、と主張する。

これは、現実の自己決定(現在のある時点における理解のもとづく意思)よりも、将来の認識の可能性(時間の経過とともに変わりうる意思)を優先することが妥当であるという、医療者の見込みによる判断(パターナリズム)による。

医療者が、患者もきっと将来は是認するであろうと予想して、現在の患者の自己決定に反する選択を行うのは、生きていてよかったという生の肯定という社会の価値観に医療側がコミットしているからである。

つまり、自己決定の優先で例外的に制限、ではなく、社会全体が公認している価値観にしたがって医療側が事態を判断、その範囲内で許容される自己決定を尊重するにすぎない、と清水氏は言う。

また、人生に関わる度合いや生死に関わる度合いが強ければ強いほど、患者自身のことであると同時に家族のことであり、社会成員に関わることであるから、自己決定が決定的ではなく、患者、家族、医療者の共同の決定が決定的だと述べている。

助かる見込みがあるから、今の苦痛、苦悩には耐えよ、将来はよかったと思うから、という社会の価値観にもとづく医療者に対し、この苦痛、苦悩に耐えられない、耐えたくない、死にたい、という「弱い存在」である者は、どうすればよいのだろう。緩和ケア、スピリチュアルケアを行うから、セルフヘルプグループやピアカンセリングを用意するから、あなたを一人にはしない、一緒に苦痛、苦悩に耐えるから、だから、「生きて」と、家族から医師から、ソーシャルワーカーから、同じ苦痛・苦悩を体験した人から言ってもらえれば、耐えられるだろうか。耐えなければならないのだろうか。

清水氏が想定している家族は、鎌田實さんが『あきらめない』、『がんばらない』(集英社文庫)で見せてくれているような、素敵な家族のようだ。社会福祉の現場に立つと、そうした素敵な家族のほうが例外のようにみえ、家族との共同決定は危ない、と感じさせるのだけれど。

清水氏によれば、医療では、社会が共通して「欲する」ことに患者がコミットしない場合は、患者の選択を優先させ、社会が共通して「べきでない」と考えることに患者が反する選択をする場合は共通意思を選択すればよい。

しかし、福祉では、介護から予防へという潮流にみられるように、社会のマジョリテイの意思を前提とした政府の「欲する」ことを、高齢者が選択するようプレッシャーがかけられつつある。社会が「べきでない」と考えることに患者が反する場合には、もちろん、種々多様な介入が行われる。社会福祉、特にソーシャルワークは、社会のモラルエージェントとしての機能がより強い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。