FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

No40 広井良典 『ケアのゆくえ 科学のゆくえ』 岩波書店、2005年

キーワード:ケア、科学、スピリチュアリテイ、医療ソーシャルワーク、ケアとしての科学

『ケアを問い直す』『ケア学』など、社会保障やケアの側面から日本社会やその行方を論じている広井さんの新刊。終章では、「科学」とは何か、「科学のゆくえ」とは?をいつものように、大づかみで説明してくれている。

「成長・拡大の時代から経済の成熟化、定常化(定常型社会)へ」という大きな時代の変化の下で、従来の科学、すなわち、「対象との切断や自然支配・制御」は、ケア的要素をもつ方向と変容していく。つまり「対象の個別性や主観性の重視」へである。

「因果的な法則定立的なもの」から、「対象の個別性を十分に取り込んだ科学」へ、という意味での「ケアとしての科学」。「病院」という雑誌で行った、森林療法家や代替医療の実践家との対談は、そうした「ケアとしての科学」のあり方を示唆するものとして掲載されている。医療ソーシャルワーカーの職能団体(日本医療社会事業協会)の副会長との対談も、そうした1例として取り上げられている。

また、2章「医療のポストモダン」において、医療政策では、「医療モデル」(原因物質の解明とその除去という枠組みで治療を図るモデル)から、「生活モデル」(より広い視野で医療ないしケアを捉え直し、医療のありかたの根底的な見直しと質的充実と費用対効果を図るモデル)へ、という新しい潮流が出てきたと言う。

それには、高齢者ケアの分野を中心に、(1)予防的ケアへの資源配分、(2)患者への心理的・社会的サポート、(3)患者の権利ないし治療過程への参加促進、(4)終末期医療における緩和ケアの充実、(5)東洋医学などの代替医療の積極的活用、(6)医療政策の決定プロセスの見直し、そこへの患者・市民の参加、などが含まれる。

このうちの(2)は、病院のカウンセリング機能として論じられているけれど、ほとんど医療ソーシャルワークのことである。

慢性疾患の背景となる生活習慣は、心理・社会的要因が大きく関係しており、その治療には、心理的・社会的なケアのあり方が、「身体的」とされている病気の治癒過程そのものに大きな影響を与える。だから、「周辺的なサービス」に過ぎないという認識を変えていかなければならない。

こうした広井さんの主張は、医療ソーシャルワークにとって力強い味方だ。相談を通した心理・社会的サポートを中核とするソーシャルワーク全般の今後の発展の可能性についても、こうした社会動向との関連で論じられる必要がある。

終章末尾で、広井さんは、共同体や自然から切り離されバラバラになっている個人を、一方で「コミュニティー自然―スピリチュアリテイ」の層へもう一度つなぎ、他方で独立した異なる個人が関わる場としての「公共性」のほうへと開きつないでいくこと、それがこれからの時代のケアと科学の両方の中心的課題である、と述べている。ソーシャルワークは、こうしたつなぎを実践の場でも、理論(理屈)の場でも行っていけるだろうか?

スポンサーサイト



春日武彦 「心を病んだ人への本音の援助方法」

昨晩、春日先生の講演を聞きました。本で読んだこと+α を、先生のユーモアたっぷりの話を通して再確認。本も面白いけれど、話し振りもとても面白く、お腹をすかせながらでも聞いてよかった。

健康が幸福とは限らない、問題解決の変化よりとりあえずの安堵を選択、幸福追求するのが人間とは限らない、、、、、。援助者は思い込みや1つのとらえ方にとらわれないこと、自分の想像を超える考え方や生き方があるのだという謙虚さをわすれないことが大切。

ケース検討会では前向きの結論を出さなければ、という思い込み。いろいろやってもだめ、すぐにはどうしようもない、ということをみんなで確認し、腹を括って待てばいい。すると事態が動く。

援助者の精神の健全さは、、、などなど。援助職の心の支えになるお話がいっぱいでした。