FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

No24 三好春樹 「介護のもつ力」
 (三好春樹・芹沢俊介 『老人介護とエロス』 雲母書房 2003年)

キーワード:介護、高齢者

       ちょっと前に紹介した竹内孝仁先生と並んで、高齢者介護のカリスマである三好春樹さんのエッセイ。介護の現場における実践知をいろいろ教えてくれる。
 
自己決定という幻想;
三好さんは、「日本人の主体性というのは、相手との関係、やりとりのなかで発揮される」から、特別養護老人ホームに入所中の高齢者が、何かをするのを「いやだ」と言ったからといって、「ああそうですか」ですませてはいけない、と言う。「そうなんですか?」「こうしたらどうですか?」といったように、「相手を洞察して返していく」こと。そうすると、高齢者が身体で、言葉で反応を返してくる。三好さんによれば、こうした「主体と主体がクロスするところでしか介護は成り立たない。」

ケアにおけるこの関係は、認知症の高齢者だけでなく、知的な障害をもつ人との関係においても、また、クリアな高齢者との関係においても言えることだろう。介護というケアの関係は、介護を受ける者が介護する者とのコミュニケーションを通して、その主体性を表現できる関係であるべきなのだ。介護を受ける者は、ケアの関係がもつ権力構造によって、主体性の発揮を抑制されるおそれが強いのだから。

「当事者主権」を掲げる障害当事者の人たちは、こうした介護関係を介護の専門家の押し付けとして、うっとうしいものと感じるだろうか。彼らは、介護の用語ではなく、介助とかアシスタンスの言葉を用いる。こちらの用語は「手伝い」「補助」という意味合いをもっている。ケアを受ける人は自己決定の権利の行使者、という認識にもとづいた言葉の選択である。

三好さんは、「介護の介は、老人が主体になるための媒介になる、きっかけになるという意味の介」だと言う。老人が身体と生活における主体になれるよう、介在することが、介護なのだと。

「自分の身体の主体になる」「自分の生活の主体になる」思うように動かせない自分の身体を少しでも思うように動かすことができるように、あるいは、思うように伝わらない思いが少しでも伝わるように、介護者/介助者が支援すること。こちらの表現は、障害当事者の人たちにとってもうなづける主張ではないか。

スポンサーサイト