FC2ブログ

Book+

福祉関連の本の紹介と、ちょっとした福祉にかんする話題を提供するコーナーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
No102  西條剛央 
『SCQRM ベーシック編 研究の着想からデータ収集、分析、モデル構築まで:ライブ講義 質的研究とは何か』
『SCQRM アドバンス編 研究発表から論文執筆、評価、新次元の研究法まで:ライブ講義 質的研究とは何か』
新曜社 2008年

キーワード:構造構成主義、質的研究法、関心相関的観点、科学性


本書は、『構造構成主義とは何か――次世代人間科学の原理――』(北大路書房2005年)を著した西條剛央さんが、構造構成主義にもとづいて、質的研究の科学性を担保する方法を、きわめてわかりやすく解説してくれている良書である。

SCQRMとは、Structure- Constructive Qualitative Research Methodのことで、構造構成的質的研究法を指す。

科学性の条件は、「(事象を)概念化したうえで構造化すること」と「構造化に至る過程を明示すること」の2つ。つまり、一回起性の現象についても、それをうまく理解、説明でき、予測や制御につなげられるような構造を構成することができていること、また、その構造化に至る過程を他者が吟味できるように、すなわち、研究における知見が他にも当てはまるかどうか検討できるような提示のされ方になっていること、この2点が担保されれば、質的研究は事例研究であっても科学性を保持していると言える。

では、質的研究において現象の構造をどのように抽出すればよいのか。西條さんはベーシック版では、M―GTAを使って説明している。

構造化に至る軌跡については、研究目的に照らし合わせつつ「選択し想定できるポイント」「構造化に影響したと考えられるポイント」ごとに諸条件を示せばいいとしている。

事例分析における構造化に至る軌跡の提示の仕方は、西條さんが「人間総合科学会詩」に載せている「就職活動における自己アイデンティティの変化過程:構造構成主義に基づく事例研究モデル」が参考になる。

本書は、大学院修士課程における演習をそのまま文章化したという形になっている。図表による説明もあり、調査研究についてのイロハから、論文の書き方、評価の仕方まで、構造構成主義にもとづいた方法を懇切ていねいに教えてくれている。

修士論文で質的研究をやろうとしている人にも、福祉の実践現場で自分の仕事をどうやってまとめていこうかと考えている人にも、すこぶる役に立つに違いない。

「構造構成主義」については、『構造構成主義とは何か――次世代人間科学の原理――』を読んでください。EBPかそれとも内省的実践か、ソーシャルワークにおける今話題のテーマについて、この本を読めば、この信念対立を解消することができる。
スポンサーサイト
No87 小泉潤二・志水宏吉編 『実践的研究のすすめ ――人間科学のリアリティ――』
有斐閣、2007年

キーワード:実践的研究、現場、研究者の倫理、研究法


社会学も社会人類学も実践的研究を行うが、社会福祉の研究はかなりの部分が実践的研究と言っていい。政策科学の色彩が濃い学問分野だからだ。

実践の現場に研究者が関与して行う研究、現場の実践者と研究者が協働して行う研究、現場の実践者が研究者として行う研究、社会福祉では、さまざまなタイプの実践的研究がありうる。

どのようなタイプの研究であっても、現場と研究、実践と理論、の関係について基本的な考え方を押さえておく必要がある。

本書、特にⅠ部の「研究のプロセス」に掲載されている各章は、ああそうか、とか、そうだそうだ、と納得できるフレーズ満載で、有益だ。

それをいくつか拾っておこう。
・ データの信用性;データはおもしろいだけでは使えない。信用できる答えが導き出せないものは実践的な研究においては意味がない。

・ 調査のデザイン;もっとも望ましいのは、結果の公表から考え、それが可能なデータ分析の形、それに即したデータ収集法、対象選定、問いをたてるという方法。しかし、それはしばしば困難であるから、現場からどのようなデータが得られるかを考え、データを生かすデザインを考えること、それが実践的研究につながる。

・ 実践的研究にとっての理論の意味;実践を行うには、理論という水準で、1つの視点に立ってみることから始まる。現実は1つの視点で切り取れず、別の視点が必要であるからこそ、自己の視点とその相対化が重要。
自分の感性を疑ってみること、別の視線をとってみること、いまの立場ではなく、状況総体を俯瞰してみること。理論が意味をもつのは、こうした複数の視線を確保するため。

・ わたしたちは、研究コミュニティへの貢献とともに、当事者現場への貢献というものを考慮しながら、学問的業績を産出していかなければならない。社会に「役に立つ」ということが、現場研究には求められる。

・ 現場にかかわる研究者の実践とは、研究者コミュニティと現場という2つの世界を行き来するなかで、当事者たちの実践に関する新しい知を生み出すこと
そのときに目指されるべきは、研究者コミュニティのみならず、現場にもなんらかの貢献をもたらすような種類の知を立ち上げること =臨床の知、フィールドワークの知

・ 実践的研究とは、当事者の実践と研究するという私たちの実践が共振したときに生じるもの、当事者と研究者による共同メッセージという色彩をもつもの

・ 研究者はあくまでも理論構築にこだわらないといけない。実践としての研究の究極の目標は、あらたな理論知の創造

・ ローカルな文脈を超え、ある広がりをもった状況下で普遍的に通用する理論的知識、という意味でのトランス・ローカルな知の創造こそ、研究者としての役目

 こうした研究者としての役目を果たすためにも、最初から最後まで調査対象となる現場・実践家との信頼関係の形成がなによりも重要であること、その信頼関係の形成には、きめ細かな工夫と相当の努力が必要であることを、本書は改めて気づかせてくれる。
 具体的方法については、コラムやⅡ部「研究の方法」の各章にも記載がある。

ただし、本書には、複数の調査対象者の誰と信頼関係を結ぶのか、すべての人か代表者か、個人か組織か、などについては記載がなかったように思う。しかし、誰とでも信頼関係を結ぶことはむずかしい。第一線職員かマネジャーか。第一線職員のなかでもどの人たちと?


No75 ジョナサン・ターナー・正岡寛司訳 
『感情の社会学Ⅰ;感情の起源――自律と連帯の緊張関係――』 明石書店、 2007年


キーワード:感情、感情エネルギー、自尊心、恥、罪、社会的結合


ヒトの感情の起源はどこにあるのか?社会学者のターナーは、チンパンジーと類人猿を比べることで、人間の感情の発展が人間の社会的結合と深い関係にあることを推論している。ややシンプルという印象はあるものの、なかなか面白い。

チンパンジーは、互いを地域個体群の一部と認知し、一時的に集合して群がりながら移動する。強い連帯にもとづく共同体ではなく、他のものが共有空間にいることを認知しているだけである。

他方、類人猿は母子結合以外に、強く組み合わされた社会構造をつくるための強固な行動傾向をもっていなかった。相対的に弱いオスの支配、思春期に集団から移動していくメスの傾向(オスにもありうる)、すなわち、非常に広く、しかもすべてを含む行動域内における集団間移動という傾向、個体の自律性と個体主義という傾向をもっていた。

類人猿たちがそうであるように、他者や集団からあるていどの自律を保とうとする人間の欲求が、自己意識を発達させ、周りの環境との関係における能力を発達させた。

類人猿の猿からの分岐によって、そして、最後にヒト科のサバンナへの適応によって脳が発達し、大量の情報を貯蔵するとともに、抽出することができるようになった。また、その環境において、自己を対象とみなすことができ、さらに自分の行為と他者の行為を予測でき、視覚による合図とジェスチャーの正確な読解が可能となった。視覚的にすぐれたメッセージを送信するために顔や身体を露出し、広範囲にわたる複雑な感情を送信し、解釈するようになった。


視覚にもとづく言語と関連する感情的な合図の使用によって、社会的結合を維持する。ヒト科は感情を使用する能力を獲得した。

感情は、弱い結合と個体主義という類人猿の傾向を克服するために用いられたのである。社会的結合をふやし、社会構造を維持することを、可能にさせるような方法で、ヒト科の感情能力は強化されていく。

感情能力の強化過程についての推論(2章)、感情レパートリーの解説(3章)もまた興味深い。ターナーは、社会組織のパターンは、裁可(賞罰)なしには出現しないという。

期待に応えられない行動に罰を科す否定的裁可は、怒りの感情を含んでおり、恐怖心を喚起するだけでなく、対抗的な怒りを生む。怒り、恐れ、怒りという離反的な結末を乗り越えるために、恥や罪という複雑な感情が進化するのだが、それでも集団連帯はこうした否定的な感情だけに頼って構築・維持できない。社会的結合と連帯にとって特に重要なのは、肯定的裁可が生み出す自尊心の感情である。

ということは、子どもを社会成員として社会に統合化していくには(しつけていくには)、否定的裁可(しかる)によって行動を規制/禁止する規範の内面化よりも、望ましい行動パターンを奨励/促進させ、肯定的裁可(ほめる)によって自尊の感情を芽生えさせ、発展させることがより重要かもしれない。他者によって課せられた期待を適えることができたとき、それ以上のことを成し遂げたときに生まれる満足感、自信、自己を愛する気持ちといった自尊の感情を、幼いときにこそしっかりと身につけること、それが他者や社会との関係を築いていく土台になるのではないか。本書は、こうしたことも考えさせてくれる。

No74 岩田正美・小林良二・中谷陽明・稲葉昭英編
 『社会福祉研究法――現実世界に迫る14レッスン』有斐閣、2006年

キーワード:社会福祉研究法


本書の帯に、「社会福祉の卒業論文やレポートを書く前に読んでほしい研究案内です」とある。いやいや、多くの章は中身が濃く、大学院生の修士論文や博士論文向けの、また、若い研究者向けの研究方法指南書といってよいくらいだ。

ただし、「実証的な研究方法にウエイトを置く」という基本方針から、社会福祉の歴史や思想、政策分析、プログラム評価などについての研究方法は載っていない。

社会福祉の「現実世界」に関して、論文を書かなければならない人、書きたいと思っている人には、ぜひ読むことを薦めたい。読めば、読まないよりも断然、効率的に研究を進めることができるはずだ。

どの章もお薦めだが、
「3.先人に学ぶ――研究レビューの進め方とレビュー論文の書き方」
「4.研究の倫理――忘れてはならないこと、してはいけないこと」
「6.仮説の構築と検証の手続き――仮説を作ること、データから確かめること」
が、特にためになった。

各章で説明されている多くの研究方法は、社会福祉独自のものというより他の学問分野にも共通する研究方法や研究スタイルである。教育や看護、社会福祉などヒューマンサービスに関する研究の独自性は、研究方法そのものよりも、研究の目的と研究の視点、つまり、研究課題の設定とその切り口にあるとすれば、その実証的な研究方法は、それに役立つもの、ふさわしいものであればよい。

社会福祉の研究は、人々のウェルビーイング(善き生)に直接、間接に貢献することを目指して行われるという、明確な福祉の価値にもとづいたもの。と考えるならば、社会福祉研究の中身は、ウェルビーイングとは何かの価値研究、その価値観点からとらえた変化・改善すべき生活状況や社会状況の分析、その状況を変化・改善するための既存・新規の方法の検討・評価、などになる。多様な研究方法が必要だ。



No37 芳賀学 「匿名的で、かつ『親密』なかかわりーー1.5次関係としての自己啓発セミナーーー」(伊藤雅之他 編著 『スピリチュアリティの社会学――現代世界の宗教性の探求――』 世界思想社 2004年)

キーワード:1.5次関係、コミュニケーション、自己確認、インターネット


インターネットを使って見知らぬ人とおしゃべりやゲームを楽しみ、ブログで書いた日記に感想やコメントをもらう。これらはエンターテイメントであるとともに、癒しや孤独感の緩和、自己肯定感や自己承認の機会を与えてくれる。

家を、いや、自分の部屋を一歩も出なくても、人と深いコミュニケーションができる時代、会社の同僚や友人、あるいは家族と情緒的な関係を作れなくても、インターネットを通した関係でそれを補完、代替することができる時代。人間関係のありようが変わっていく。

芳賀さんによると、自己啓発セミナーやコンサート会場、インターネットなどのメデイアによるコミュニケーションは、現代のアイデンティティを確認する濃厚なコミュニケーションの場である。

そこでのコミュニケーションは、従来の社会学理論で言ってきた一次関係(家族・友人・恋人)でも、二次関係(公共空間における市民同士としての関係)でもなく、1.5次関係であって、限定的で役割的関係(二次関係の性格)でありながら、情緒的で無限定的なかかわり(一次関係の性格)をもつ関係である。

そのモノローグ的なコミュニケーションを通して、匿名的な他者との間に親密なかかわりが展開され、そのなかである種の自己確認が行われる。これが求められる背景には、かかわりの深くない大多数の他者の抱く自分のイメージこそが重要という現代社会の特性がある。

現代は、「アイデンティティを確認する濃厚なコミュニケーションの場が、一次関係の枠を飛び越えて新しいコミュニケーション空間へ急激に流出している」のだ。ただし、直接触れ合う一次関係の重要性が消失したわけではないだろう。

ひとり暮らしの高齢者たちが、セールスマンとの似非1.5次関係によってだまされることのないように、地域の人々との真の1.5次関係によって安心感や安全感をもつことができるように、どういう仕掛けをつくればよいだろう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。